タカトク アイアンキング ミニソフビ

0

1972年、タカトクより発売。大きさは約15センチ。
スターである石橋正次、浜田光夫のW主演という、当時では(というか今でも)考えられないキャスティング。しかもアイアンキングはあくまでサポートで、人間である静弦太郎が敵を倒すというのも特徴的だ。

タイトルにもなっているヒーローなのに、見せ場を全部弦太郎に持っていかれるという、不運のヒーローでもありますね(笑)『活動時間は1分』『水をガブ飲みする』という設定も、頼りなさを感じてしまいます。
やはり、当時売り出し中の石橋正次をメインに据えるという思惑もあったんでしょう…。

ミニソフビでありながら、実物の特徴をよくとらえていてなかなかの出来だと思います。

Default
  • File

    mocopapa

    2017/11/23

    当時、この特撮を観る機会が少なかったのと再放送がなかったので、大人になるまで、石橋正次がアイアンキングだと思っていました。

    返信する
    • File

      ちしお

      2017/11/24

      初見では、誰だってそう思いますよねぇ。明らかに石橋正次の方が主人公ですもんw

      返信する
  • File

    who-me-A

    2017/12/8

    大魔神さんとこにもありましたよ。

    返信する