ウミユリの茎部プレート化石

0

先日暇だったのでネットで化石の画像を見ていたら、このウミユリの化石に行きついてしまい、そのままポチッと購入してしまいました。
ウミユリってそもそも何?って思って検索してみたら、ユリみたいな形をしていて一見植物に見えるけどヒトデやウニと同じ棘皮動物らしい。
4億年前から現在に至るまで生きてる生物みたいです。
生きている化石としても有名らしくて、深海の海底に生息しているため見ることはなかなか難しいんだとか。

その4億年前のウミユリが化石になった石灰岩をカットすると、茎みたいな部分が丸やら四角みたくいろいろな形になって、なんか芸術家が描いた抽象画か版画みたいにも見えるから気に入りました。

Default
  • File

    ウルフ359

    2019/02/23

    なんだか煮こごりみたいw

    返信する
    • File

      チュル

      2019/02/23

      そういや煮凝りに似てますね(笑)🐟

      返信する
  • File

    さるら。

    2019/05/09

    すごい。
    太古が凝集された一品ですね!

    返信する
    • File

      チュル

      2019/05/09

      ありがとうございます😊
      太古の動物や植物が死後その型を残して石に封印されちゃうって感じが面白いですよね。
      たまたま化石を切り出した時に茎部を輪切りにカットした為にこんな抽象絵画や版画みたいになったみたいです。
      中国の湖北省の辺りが太古の昔は海底だったって考えると地球は動いてるんだな〜って実感しますね🌎

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/05/09

      近くの鍾乳洞でも、山奥にあるのにウミユリ化石が壁面を覆っていて、何とも不思議な感じに囚われます。

      現生のウミユリも、ワサワサ動く姿を見ると、不気味さも感じますが、それ以上に太古から続く生命の不思議さに感動してしまいます。

      地球、ひいては宇宙の偉大さに圧倒されますねー。

      返信する
    • File

      チュル

      2019/05/09

      日本アルプスの稜線とかにも海底の痕跡があるとか聞きますし、4億年後とかどんな世界になってんだろ?って考えるとワクワクしますね😊
      数年前に小笠原近海で海底火山が噴火して西之島って島が何十倍も大きくなったとか騒がれてましたけど、まさに新しい大陸が出来る過程とか言われてますしね。
      太古も未来もロマンに満ち溢れすぎてるな〜とか思いました。
      4億年後にも残ってる今の生物は何になるんだろ?とかたまに考えだすと止まらなくなる時あります。案外ウミユリはずーっと残りそうですし。
      イカとかも生き残るとか言われてますね。

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/05/09

      >イカとかも生き残る……

      ドゥーガル・ディクソン『フューチャー・イズ・ワイルド』でしたっけ。
      陸棲の巨大生物としてイカが生き延びる、という説は。

      色々と想像巡らすと止まらなくなりますね。

      返信する
    • File

      チュル

      2019/05/09

      「フューチャー・イズ・ワイルド」見た時はある意味衝撃的でした。
      当時この話題で結構盛り上がってたのも覚えてます。

      人間の築いた文明の痕跡とか数億年後は何が残るのかとか、いろいろ考えると本当に止まらなくなりますね。

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/05/09

      「フューチャー・イズ・ワイルド」「マン・アフター・マン」など、ドゥーガル・ディクソンの著作にはセンス・オブ・ワンダーが刺激されます。
      アラン・ワイズマンの「人類が消えた世界」もいろいろと考えてしまうので、チュルさんにもオススメ、です。
      もう読まれているでしょうか?

      返信する
    • File

      チュル

      2019/05/09

      「人類が消えた世界」はぜひ書籍で購入しておきたいなと思っています。
      以前ヒストリーチャンネルとかでやってたのが凄い面白くて、ニューヨークの街が最後森林とかになっちゃったり、市街地の道路の殆どが小川や渓流になってしまったり等々、凄いなと思いましたね。
      実際に地元の昭和初期とかの古い航空写真や地図を見ると、現在道路になってる場所の多くが元は小川だったりするので、あの番組で言ってた事は本当だったんだな〜って実感したりしました。
      結局元の世界というか、風景に自然が戻してしまうんですよね。
      金の延べ棒だけは腐蝕しない為、人類の文明のハッキリした痕跡として残る可能性があるとか言ってたりして、面白かったです。
      アラン・ワイズマンの本購入してみます。

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/05/10

      「人類が消えた世界」、やはりご存じでしたか(^^
      ボクもヒストリーチャンネルの番組 観ました。
      地球誕生以来の大きな時間の流れの中では、現在なんかほんの一瞬でしかありませんね。
      温暖化とか環境破壊とかいうものも、あくまで人間本位の視点でしかないのかもしれません。

      ……って、すいません、ウミユリ化石から話が大きくなってしまいました(笑

      返信する
    • File

      チュル

      2019/05/10

      本当にさるら。さんが言われるように、温暖化とか環境破壊とかは全て人間本位の視点なのかもですよね。
      核戦争やったとしても、大自然は元どおりに戻してしまうらしいですし。
      滅亡するのは人間自身の筈なのに、地球を守ろう!とか、おこがましいなと思ってしまいます(巻き込まれる動物は可哀想ですけど)
      あの番組の着想が面白いですよね。
      人間が手を加えなければ、たかだか一万年で人類の痕跡すらなかなか見つからないくらい地球が激変するってのがビックリでしたし。ちゃんと科学的なデータに基づいたシミュレーションが面白いです。

      ウミユリは様々な時代を潜り抜けて、古代から現在まで生き続けてるって思うと敬意すら感じてしまいました。笑

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/05/10

      >ウミユリへの敬意
       ホント、そうですね(^^
       シーラカンス、オウムガイ、カブトガニ……他の生きた化石たちはもちろんですが、現生の生物全般含めた生物圏としての地球に感謝と敬意を持ちたいです。

      返信する
    • File

      チュル

      2019/05/10

      宇宙含めた自然界にはひたすら畏敬と畏怖の念を持ってしまいますね。
      太陽から地球までの程よい距離とか奇跡的ですし、微妙なバランスの中で自分達は生かされてるんだな〜とか感じます。
      カブトガニは子供の頃初めて見た時はあの独特な型がカッコイイな〜って思いました。あれも太古からの生き残りなんですね✨

      返信する