明暗の鳥獣戯画展

初版 2021/05/13 23:05

改訂 2021/05/14 23:01

東京国立博物館で開催の「鳥獣戯画展」

実は行って参りました。



この展示を知ったのは2月頃に書店のチラシで。

美術館チェックはほぼしていない私ですが、これまでもポツポツと、関心が向けば行く…という感じで。


今年はコロナ禍で事前予約制、まぁ行けるかどうかわからないけど、一応狙ってみよか?わりと最近もやってたよねぇ~という記憶。


そう、2015年にも同じくここで鳥獣戯画展やっていました。

友人が見ようとして行ったものの、3時間待ち!であきらめた・・・と聞いてた記憶が浮かびーの😲

確かに国宝で有名だけれど、そこまで並ぶ?笑)と、わりに思ってたんですねぇ。



【4巻一挙公開】

今回は期間通しで4巻全てが公開…ということで心が(欲がw)揺れました。

予約開始は4月から。1日遅れてチェックしてみると、あら?!ほとんど完売しちゃってるワォw(゜o゜)w


というわけで取れたのは4/24(土)夕方17:00からの回。

つまりその日のラスト。今思えば、これが緊急事態宣言直前のホントにラストな回…になるとは。。。💧


直前になるまで行こかやめようかと思いながら、でもキャンセルしたら取れないかもしれないと思い(^^ゞ


結果・・・行ってみて良かった!素晴らしかったです(´∀`)

まず本物を見るのはこれが初めてというもの。しかも4巻全ては得難い展示に思えました。


子供の頃は教科書で、大人になっては現地の高山寺に行ったことがあるも、そこに展示はほんの一部で、しかも複製版のもの。

雑誌や本でも目にできるので、まぁそこまで見なくてもいいかな~と思ってましたが、やはり実物を見られるのは感慨深い気分になれます。



【鳥獣戯画の内訳】

さて、この鳥獣戯画(=鳥獣人物戯画)は京都・高山寺(こうさんじ)の所蔵で4巻の巻物。時代は12世紀、平安末期から鎌倉時代の作。

時代は源氏や平家が台頭し、後白河法皇が院政を敷くダイナミックな頃であります。


それぞれは甲、乙、丙、丁と分かれていますが、博物館説明によれば、決して優劣順ではないとのこと。


甲巻は代表的にシーンがよく引用される巻。

教科書に載り、さまざまな媒体やグッズになるウサギやカエル、猿などが風俗行事、相撲、追いかけっこで戯れ…なシーンはこの甲巻になります。


乙巻は、さながら動物図鑑のような感じ。

馬や牛、犬やニワトリなど国内で見られる動物、後半には麒麟、獅子、象や龍などの霊獣が載ります。


丙巻は、前半に人物画で囲碁や庶民の遊び、闘鶏、闘犬などが描かれ。後半は甲巻とは別タッチのカエルや猿などが祭りや風俗に興じ…という場面が描かれます。墨のタッチが薄いですが、こちらも興味深く楽しげな内容に。


丁巻は、さながら“ゆる絵”スケッチの集合体みたいな印象。

人物描写が主で、一筆書きのようなザックリした楽しさあり。あまり全面に出てこないのもわかる雰囲気ではありますが、おかしみのある世界です。



【今回の目玉】

今回、博物館として力入ってたのは、この最初に展示の甲巻を見るのに、動く歩道を取り入れたこと。確かに!この試みはいいと思いました。


乗るまでに少々並んだけれど、皆が皆、最前列で見ることできますからねぇ。


というのも、とかく国立博物館のビッグな展示の場合、展示ガラスの前に人が2重3重にも重なり、ほぼ前列で見ることが叶わず・・・という自分の過去の記憶w

人多過ぎて。。。。。( ̄д ̄)エー💧


大徳川展といい若冲展といい(ビッグすぎる??笑)展示は素晴らしかったんですけども。


前回の鳥獣戯画展でも、最高で6時間並んだというんです。

驚きました。6時間…ムリ;;;😂

若冲展では2回目のとき4時間並んだ私ですが;;;あれもすごかった(正確には美術館が違いますが)(◎-◎;)


という、そんな過去をふまえると、今回は初の試みとはいえ、とても良かったのではと思います。展示をまずまずゆるりと観られるのは満足でした。



【貴重な断片】

元となる巻物の一部を模写(=描き写し)した模本、巻物では欠けているが残された断片(断簡と言う、平安時代の本物)なども展示されていました。

模写といっても400年以上前のだったり、江戸時代だったり…それなりに年月が経ち、資料としては貴重なもの。


おそらく最初の頃は巻物にはなっていなかった…?鳥獣戯画。途中で紛失したり、順序が抜けたりといった歴史を経ており。


模本は、巻物の全てが描き残されているわけではありませんが、とある場面の…ありし絵の姿や順序を伝えており。

今では模本にのみ残され、原本にないシーンなども、、、


そんなわけで、かつての絵の順序と照らし合わせるのに、これらは貴重な資料というわけです(コピーは残しとくもんだねwって?)



甲巻の一部だった断簡(抜粋)。

神事として行われていた競べ馬を描いたシーン。ウサギの耳を引っ張って妨害しようとするサルが楽しww

巻物には糊づけされておらず、断簡として残る貴重な原画そのもの。


また名の知れた絵師が模写したものもあり、のちの時代に鳥獣戯画がある種、お手本のように参考にされていたことをうかがわせます。

まずは真似から…発想のヒントが得られるわけですねぇ。



【図録もすごい】

図録も、気に入った展示の際には買うようにしてるんですが、今回のは厚みもさることながら、とても充実した内容になってました。




全4巻が、実物大で載ってるからです。

惜しみなくド・アップ!笑)それで3000円なり。最初、料金にもビックリだったですが、おそらくは専門書並みに載った絵図でこの料金…お得なんでは?と思っちゃいましたワ😆


で、図録を眺めて思うんですね…

あれ、このシーンってそういう場面だったの!

というような発見がいろいろと…後から( ̄▽ ̄;)



これは甲巻最初のほうに出てくる、

鼻を押さえて水に飛び込もうとするウサギ・・・という場面。

え?そういう意味なんだ、みたいな笑

美術館行くときには最初に何らかで予習し、それから行くのが理想かのぉ~笑)


今回、現地でも名場面には極力説明がついてたんですけどねハハ😅



【誰が何のために?はナゾ】

ところでこの絵巻物、例えば甲巻…小動物たちが当時の風俗で描かれる様子は、海外の目線で見ると“痛烈な風刺画”と評価されるようなんですが、図録のとある解説では、それはちょっと違うのでは?とのコラム。


私にもなんだか同じ意見に思えましたね。

風刺か皮肉…そういう側面もあるかもしれません。が、むしろそれより生き生きと楽しげで愉快な彼らの姿。


祭りや行事、遊び、喜怒哀楽、ギャグめいた要素も大いにあり。

それらに興じる生き物や人々の姿には、不安な時代だったにもかかわらず、逞しさが感じられ。


当時の人が動物に姿を仮託し、しかも眺めて楽しむのも人のほう。あえて小動物たちを擬人化したのは…日本人の自然への思いや、遊び心みたいなもののほうが強く感じられるなぁーと、私の目にも映ります。


一方で戯画展のあと、いくつか読み物を読んでみると、専門家のいろんな時代考証や意見などが知れてさらに興味深く。


描き手はだいたい5人ほど挙がってるそうな。

・甲巻の前半

・甲巻の後半+乙巻(筆跡が似てる)

・丙巻の人物戯画

・丙巻の動物戯画

・丁巻の描き手


ですが、それも正しいかどうかはわからないそう。

ただ、あの有名な甲巻では前後で絵が少し違うようで…

おそらく最初の描き手が書き、続く者が描写を似せて描き~という感じで、絵を足していったと思われるものの、前半後半のどちらが先に描いたか?はナゾのまま。


そんな読み物を読んだあとにこの絵を見ると、また違ったふうにも見えてくるのが興味深いです^^

さて、翌日から緊急事態宣言とは知ってたものの、まさか美術展示にまで及ぶとは、あまり想像してなかったんです。


なもんでそれ以降はバッサリ切られてしまった…🤦‍♀️

という感が否めないも、解除されたら是非また、あるいはそう遠くないタイミングで再度開かれる形になればいいなぁと思いま、、、🙇‍♀️


と。。。思ってたら、なんと再~~開!?😲

と。。。言ってたら、やっぱ閉館!😵


になってしまいました。

でも博物館としてもこれは不本意なはず…でしょうから、きっとまた機会があることと思っています。


※図録の通販こちらで受け付けております^^

数に限りがあるとのことですんでお早に~~(朝日新聞SHOP)

こちらでも扱ってるようです(博物館ミュージアムショップ)


https://shop.asahi.com/products/detail.php?product_id=1847

朝日新聞SHOP / 特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」図録

鳥獣戯画、全4巻全場面を「ほぼ原寸サイズ」で掲載。動物たちの生き生きとした姿を作品本来の迫力のまま、お楽しみいただけます。 また、鳥獣戯画の謎に迫る最新研究も多数収録され、論文解説と動物たちの筆使いを見比べながら、鳥獣戯画ワールドをご堪能下さい。 まさに鳥獣戯画の「すべて」を網羅する決定版!

https://shop.asahi.com/products/detail.php?product_id=1847


https://www.tnm-shop.jp/products/detail.php?product_id=1291

東京国立博物館 - ミュージアムショップ東京国立博物館ミュージアムショップ / 特別展 国宝 鳥獣戯画のすべて

https://www.tnm-shop.jp/products/detail.php?product_id=1291


こんな中でもしばしの癒しを…本物であれ、図録であれ本であれ、この絵巻にはそんな魅力が宿っています😊


#鳥獣戯画

#行きたい

#図録おススメ

Author
File

fanta

切手集めはン十年以上、これまで集めた外国切手を載せています。
ジャンルは動物・鳥・ネコ・工芸など…。今では派生して気になるデザイン、かわいい切手を求めて埋没中。トランプもコレクションとして関心あり(*^.^*)

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ed0b108e667146

Default
  • File

    Reirei Paint Art

    2021/05/13 - 編集済み

    図録、表紙からして斬新なカラーと構図👏🐰
    これは欲しいかもです😄
    厚みを測っている定規も素敵🐰🐸
    コロナに振り回される日々…
    ぜひ、人数制限などありでも、イベント事は再開されるとよいです…

    返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      Reireiさんそうなんですよね…
      人数絞って一切おしゃべりせず?
      今回は美術館側もいろいろ対策してたと思うんですが。。。
      んーーやはり難しかったのか…💧
      確かにグッズ売り場はだいぶ密!になっちゃってましたが。
      惜しむ声はたくさんあることと想像します。

      鮮やかに目を引く図録の彩り!女子受けしそうですよねっ♪😃
      図版のURL載せておきますね!まだ在庫あります。

      返信する
  • File

    nyamore

    2021/05/14 - 編集済み

    鳥獣戯画展行きたかったので、うらやましすぎます!
    この前解説本買ったばかりなのですが、その図鑑も欲しくなってきています🤣

    そして定規まで鳥獣戯画なのに笑ってしまいました。グッズが楽しいんですよね。
    私もノートやらLINEのスタンプやら揃えてしまっております・・・

    返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      nyamoreさん、そうでしたか~~
      んーー返す返すも悔やまれますよね。。。💧

      本や雑誌などたくさん出てますね。
      私も何冊か読もうかと思っています(→帰ってきてからw)もっと詳しく知りたくなっちゃいまして。

      フフ、定規・・・
      しら~~っと載せちゃいました笑😁

      今回のではミッフィーとのコラボ、すみっこぐらしとのコラボグッズなど出ていました。
      ミッフィーのはもしかしたら、そっちのイベントでも扱ってるのかもです。

      図録、よろしければ通販のほう…ご覧くださいませ↑

      返信する
  • File

    0214seiji

    2021/05/14 - 編集済み

    う~ん、見に行きたいですね。

    なんの意味で書かれたのか?
    作者は誰なのか?
    あいはぎしてまで、なぜ4巻にしたのか?

    ?の多い画ですよね。見たい!

    返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      seijiさん、ありがとうございます♪

      きっとまた、近いうちに計画してくれるんじゃなかろうかと?思いたいので…うん、大丈夫。また見れますよ😉

      あいはぎ…おぉ~ご存知ですねぇseijiさん👏
      確か丙巻の人物と動物部分がそうだと知りました。
      この巻物のナゾは、知れば知るほど深まるのが惹きつけられます^^

      返信する
    • File

      0214seiji

      2021/05/14

      あいはぎされたモノって見たことないので、それだけでも見たいです。

      和紙も技術も凄いですね。😁

      返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      丙巻のはかなり、墨が薄かったです。
      紙の裏表だなんて
      どうやって剥がしたんだろう~?って想像しちゃいましたね。

      保全や修復の根気力など想像もできませんです😅

      返信する
    • File

      0214seiji

      2021/05/14

      漫画の中では全体を水に浸し、紙の真ん中(断面方向)に爪を入れて剝いでいました。
      漫画の中ではね、実際はどうやるんですかね?

      返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      平成の修理から見えてきた新発見!
      みたいな書物が出てるようなんですが、けっこうな値段で、、少々中身が気になります😅

      これは国会図書館でチェックか?!笑

      返信する
  • File

    The Power of Oyaji

    2021/05/14 - 編集済み

    国会図書館のデジタルアーカイブ見てます。
    マイクロフィルム版なのでモノクロです。

    https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/966949

    返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      国会図書館の・・・
      おぉ~その手もありましたね😄

      この巻物、もとがモノクロですんで、そう遜色はなさそうでしょうか。今でいうところの、甲→丙→丁→乙の順で並んでるようで。
      いくつか場面を端折ってるようです。

      大正十五年!古い書物~
      鳥羽僧正筆となってるところも時代を感じさせます(私もこの名で覚えてました😅)

      返信する
    • File

      0214seiji

      2021/05/14

      私も鳥羽僧正で覚えていました。( ´艸`)

      返信する
    • File

      fanta

      2021/05/14

      で・す・よ・ね笑😁

      返信する
  • File

    Wolf gang

    2021/06/08 - 編集済み

    鳥獣戯画なんとなく和むので大好きです。

    返信する
    • File

      fanta

      2021/06/09

      和みますよね~~♪
      私もすっかり虜になりました。

      なんと今、また再開してるんですよね。確か6/20まで…良かったなぁと^^
      この世界もまた知れば知るほど興味がわき、癒しや勇気をもらえる気がします😊

      返信する