「Muuseo/ミューゼオ」はイタリア語で「ミュージアム」を意味する「Museo」、英語で「使う」を意味する「Use」からできています。好奇心の結集であるミュージアム、もっと使って楽しみたいという二つの意味を込めました。この精神は、私たちのミッション「好奇心と大切な物が生み出す楽しみで日々の暮らしをもっと豊かに」ともリンクしています。私たちは、好奇心を育んで新しい世界の扉を開き続ける楽しさと大切なモノと生きる喜びが世界で一番集まる場所を提供するため、テクノロジー、コンテンツ表現、学習など成長に繋がる体験の知見を磨きながら、密接に関連する個人向けサービスとそれをベースにした法人向けのビジネスソリューションを提供しています。

Services

ミューゼオとは

ミューゼオ(Muuseo)は、みんなの好奇心や感性が育まれる場所を目指し、文化・アート・趣味分野で知る/学ぶ/体験する/表現するという一貫したユーザー体験とコミュニティ環境を実現するためのデジタルプラットフォームです。学習と体験を軸に、投稿・交流サービス、オンラインジャーナル、オンラインライブ、ECなど複数のウェブサービスを、統合されたタイムラインとユーザーデータベースを通して提供しています。

個人向け提供サービス

ミューゼオ クラウドミュージアム

さまざまな分野の愛好家が、自分のコレクションを投稿し、オンライン上でミュージアムを作りながら、同じ趣味や好奇心を持つ人々とつながるサービスです。60万点を超えるコレクションがオンライン上で展示されています。

ミューゼオ スクエア

Muuseo Square(ミューゼオスクエア)は、好奇心を育むことで大切にしたいモノに出会い、大切なモノとの生活を通して好奇心が深まり広がる。そんな紡がれていく体験の提供を目指す専門書店のようなオンラインジャーナルです。

CaM by Muuseo
(キャム・バイ・ミューゼオ)

現代アート・コレクターとプライマリーギャラリーのコミュニケーションを一貫してデジタルで提供するサービスであり、国内外約90のギャラリーが登録しています。またOVR(Online Viewing Room)機能なども提供しており、ギャラリー共催によるオンライン・アートフェアなどにも利用されています。

ミューゼオ ライブ

Muuseo Live(ミューゼオ・ライブ)は、ユーザーがオンラインでワークショップやイベントなどを開催者と相互に(インタラクティブに)楽しむサービスです。文化・アート・趣味領域で事業・活動を展開している企業向けに、デジタルを活用した体験型の販促ソリューションの一つとして、オンラインアカデミー/イベントの開催支援も提供して参ります。

ミューゼオ・ファクトリー

作り手が熱狂して作ったモノだけを世に出す高付加価値型D2Cサービス。傑出し情熱溢れる作り手たちが経験と技術と好奇心を結集して作り上げる製品を世に出し、こだわった製品を提供して参ります。

法人向け提供サービス(ミューゼオ デジタルソリューション)

ミューゼオ DXソリューション

文化・アート・趣味分野など、専門領域での、デジタルを起点にした新しいユーザー体験を提供するミューゼオの法人向けDXソリューションです。
ミューゼオが個人向けに提供する各サービスをベースにしてクラウドで提供するため、一から構築することとくらべ迅速かつリーズナブルなご提供が可能です。

アート・文化イベント向けDXパッケージ

集客と関係構築をデジタルで実現し、施設とデジタル空間を融合した環境を実現するDXパッケージです。

専門店向けDXパッケージ

ミュージアムとオンラインジャーナルを組み合わせて顧客関係を構築するファンベース型のDXパッケージです。

伝統工芸・オーダーメイド製品向けDXパッケージ

伝統工芸や付加価値の高いクラフツをオーダーメイドで生み出すクリエイター・職人の製品を展示・販売するD2CモデルのDXパッケージです。

Muuseo Brand Story

Muuseo Brand Story(ブランドストーリー)はブランドの個性を伝えるためのクラウドサービスです。
様々なコンテンツの集約、生活者のエンゲージメントを高めるコンテンツ制作、生活者の興味に応じた理解度の分析を一貫して提供することで、ブランド理解とファン育成を支援していきます。

博物館DXパッケージ

博物館・美術館などの文化施設において、文化・自館への理解者・継続的ファンを育てるDXパッケージです。
ミューゼオのサービスをご活用いただくことで、博物館のデジタル化を支援します。

Newsroom

Principles

MISSION

好奇心と大切な物が生み出す楽しみで日々の暮らしをもっと豊かに。

好奇心を育て、新しい人生の扉を開き続けること。気に入った物をもっと楽しみ慈しむこと。ミューゼオが大切にしたい二つのことです。

黙っていても情報がたくさん入ってくる今だからこそ楽しみを通じて学び続けること、すなわち自分だけの好奇心を育み実際に体験して、みずから興味の新しい扉を開き続けることがとても大切だと考えています。

またすべての物は新しい世界への扉であり共に旅をするパートナーです。そうした身の回りに置く物を「大切に慈しんで楽しんで使う」というカルチャーを大切にしていきたいと考えています。

VISION

テクノロジー、表現、学習の知見を磨き、好奇心で新しい扉を開く楽しさと大切な物と暮らす喜びが世界で一番育まれる場所を作る。

私たちがサービスとビジネスを提供するのは極めて趣味性の高い領域。感性の高い人々へサービスを提供していく必要があります。私たちのサービスを長く使ってもらうためには、コンテンツやサービスデザインなどにおける磨き込まれた表現と、それを実装するための卓越した技術が必要だと考えています。

人と物の関係、より良い暮らしを、表現と技術にこだわりながら洗練させ続け、それをビジネスとして永続的に提供できるようなチームでありたい。常にインプットとアウトプットを全力で積み上げながら、新しい仲間たちとの出会いをさらなる表現と技術の進化へつなげる。そんな生態系のようなチームを理想としています。

SDGsとミューゼオのミッション

私たちのミッションは、SDGsにもある「作る責任、使う責任」「質の高い教育をみんなに」とリンクしています。さまざまなステークホルダーと良好なパートナーシップを育み、文化・アート・趣味分野で人と人、人と企業、企業と企業を繋いでいくインフラとなれるように取り組んでいきます。

SDGs 12.b「つくる責任。つかう責任」と「大切な物」

ヨーロッパのアンティーク家具や我が国の古い漆器や茶器、
伝統的製法で作られた革靴などは大切に手入れすれば長い間、使い続けることができます。

ただ、これは物を大切に思う人たちと補修可能な素材や製造方法、手入れの担い手がいてこそです。

あらゆる物は使い手と作り手の連携があってこそずっと大切にしていくことができるのではないでしょうか。

また、使い手が大切にしていきたいという気持ちを持ち続けられるような仕組みと素敵な承継の仕組みも。

私たちはこれもいわゆる「サスティナブル」の一つの形だと考えます。

もちろん新しい技術も重要です。ずっと大切にできるような最新の技術がもっと広がってほしいと思いますし、
そうしたストーリーも積極的に取り上げていきます。

これからも世界の良さが続くように。

SDGs4.7 「質の高い教育をみんなに」と「好奇心を育む」

私たちは、好奇心を育み続けることこそが質の高い人生を最後まで有意義に生きる秘訣だと考えています。

生きるための学びと生きる意味を深めるための学び。私たちが提供できるのは後者のきっかけづくりです。

現代アートやフレグランスからファッション、コレクションまで。いずれにも感性を磨き、好奇心を育む力があると考えます。

好奇心を育む方法を学び、感性を高めていく。時間を忘れて没頭できる分野で行うのが一番効果的です。

学びに最適化した技術や表現を磨きながら機会や場所、そして体験を提供していきます。

Society5.0と学習・体験インフラとしてのミューゼオ

Society5.0(ソサイティー5.0 / https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/)とは、内閣府が提唱している情報社会の先にある未来社会の姿として提唱された概念です。

内閣府のサイトでは、「Society 5.0では、ビッグデータを踏まえたAIやロボットが今まで人間が行っていた作業や調整を代行・支援するため、日々の煩雑で不得手な作業などから解放され、誰もが快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることができるようになります。」と説明しています。

人間中心の社会、デジタルとリアルを高度に融合した社会システム、デジタルトランスフォーメーション(DX)と呼ばれる概念の先にある考え方かもしれません。

こうした変化が起きた後には文化・アート・趣味といった領域は、人が活力に満ちた質の高い生活を送るためにより重要な存在になってくるはずです。

また、この領域では特にデジタルとリアルの融合、すなわち「オンラインで知る」と「実際に触れ・体験する」ことをシームレスに繋ぐことが重要になると考えます。

オンラインで良いアートを知ったら、それを見に行き、それについて語り合い、さらにアートへの興味が深まる日々を送る。

私たちは文化・アート・趣味分野におけるデジタルな体験とリアルな体験を結びつけるインフラを目指していきます。

文化を理解し大切に思う人たちがデジタルな環境でも育まれ、リアルの体験につながっていくことが、文化・アート・趣味の分野に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)と考えます。

VALUE

目指す所

  • ヒトと社会をより良くするために進もう。便利さや利益だけを追求するのではなく。
  • 世界に向けて進もう。そして日本の良さを活かせることをしていこう。
  • 多数の選択から離れ、独自の視点で考えよう。大きさより、強さより、輝きを目指そう。

きめる

  • 決める時は本気で議論に参加しよう。決まった後は実行に全てを注ごう。
  • 調整ではなく決定をしよう。バランスではなく最適解を生み出そう。
  • 行動の美しさについても考え、自分たちが思う美学からぶれない決定をしよう。

つくる・進む

  • 一歩ずつ着実に進み続けよう。それが一番速いはず。
  • デザイン・アクション・コミュニケーション、常に細部にこだわろう。
  • 失敗は新しい道に繋がる正しい道、反省よりも、改善に繋げよう。
  • 批評家ではなく、実行・解決する人、全力で手伝う人になろう。

チームワーク

  • チームはできあがるものではなく作っていくもの。自分たちで作っていこう。
  • 自由な働き方とチームワークを両立させるために知恵を絞り努力しよう。
  • コミュニケーションは丁寧に。そして相手を待たずに自分から。
  • みんなの感情を大切に。それでも前進するために理性的に正しい道を探そう。
  • 困難な時こそ踏みとどまろう。本当の仲間になれる。

Office

ミューゼオ株式会社

contact@muuseo.jp

目黒オフィス

東京都品川区上大崎4-5-18 2F

Leadership

Narimatsu

代表取締役社長

成松 淳

幼少期からモノへの好奇心を糧に育ち、いまも変わらず、革靴やジャケット、アンティークシルーバーやミニチュアなど様々な魅力的なモノたちに惹かれ続け、気づけば靴のコレクションは300足以上の数になっているが、大切な思い入れがある。
公認会計士として有限責任監査法人トーマツ勤務、東京証券取引所出向などを経て、2007年1月よりクックパッド株式会社の取締役CFO(委員会設置会社移行後には執行役CFO)に就任し、同社の草創期において従業員10名弱の時代から経営陣として成長の一翼を担う。同社の東証市場一部昇格を機に執行役CFOを退任、身の回りの大切なモノとの生活をもっと楽しみにすることを次のミッションにしてミューゼオ株式会社を設立し現在に至る。

株式会社クロス・マーケティンググループ(証券コード3675) 社外取締役・監査等委員
株式会社ヘリオス(証券コード4593) 社外取締役
株式会社レアジョブ(証券コード6096) 社外取締役・監査等委員
ウォンテッドリー株式会社(証券コード3991) 社外取締役・監査等委員
ナイル株式会社 社外取締役・監査等委員
株式会社FiNC Technologies 社外取締役
株式会社POL 社外取締役

Hasegawa

取締役副社長

長谷川 達哉

子供のころから本が好きで、ジャンルを問わず現在も毎日3時間程度読む。どれだけ読んでもいつも次に読みたい本が浮かんでくるのはとても不思議でもあり、同時に自然なことでもあると、たまにしみじみと感じる。

2005年〜2010年:アクセンチュア株式会社・戦略グループ
2010年〜2019年:株式会社ルーサス創業。代表取締役社長
2019年〜:ミューゼオに参画

Sadakuni

社外取締役

定国 直樹

株式会社プロフェクタスマネージメント代表取締役。
幼少期からテクノロジーに強い興味を持っていたこともあり、何かしらテクノロジーが関連した領域で仕事の経験を積む。前職ではピンタレスト・ジャパン株式会社の代表取締役社長、後に、ピンタレスト社でアジア・パシフィック地域のリーダーを務める。過去にはマッキンゼー&カンパニーでコンサルタント、グーグルジャパンでプロダクトマーケティング統括部長、等々を経験。
京都大学の電気工学課程で学士号、修士号を取得し、後に南カリフォルニア大学で MBA を取得。

Hiroki

社外取締役

廣木 大地

2008 年、新卒第 1 期として株式会社ミクシィに入社。サービスのアーキテクチャ設計からデータ解析チームの立ち上げ、技術教育、技術戦略の策定などを遂行。モバイルシフトと開発組織の効率化を急速に進めるため、同社メディア開発部長、サービス本部長執行役員を務める。また、事業多角化や急速にスケールするゲーム事業に対応するため、技術部長を歴任。2015 年同社を退職。
これまでに得た知見を技術ノウハウサイト Qiita で公開。2016 年現在、サイト内で最も多くの支持を集めている。株式会社 Social Surfers 取締役および株式会社 Good Moneyger CTO。技術とビジネスを繋げる形の経営・プロダクト開発支援を行なっている。

Fukano

社外取締役

深野 一朗

公認会計士。1999 年から 4 年間に渡りミラノに駐在。イタリア各地の服飾の名店を訪ね歩いた経験は後に書籍化される(光文社『「クラシコ・イタリア」ショッピング・ガイド』)。
2004 年、日本初のマンション管理組合専門の会計事務所を設立し、現在ではマンション管理組合の会計税務分野で圧倒的な実績を誇る。
東日本大震災をきっかけに現代アートにのめり込み、2012 年から 3 年間に渡り秋葉原でオルタナティブスペース「実家JIKKA」を運営する。
椅子、ガラス、革靴、紳士服地とこれまでコレクションしてきたアイテムは数知れないが、今は現代アートのコレクションに「落ち着いている」。香港のソーシャル・メディア CoBo Social が 2018 年 3 月に公表した The Powerhouse of Asia では福武總一郎氏、前澤友作氏、宮津大輔氏、柳井正氏らとともに日本を代表するコレクター 9 名に選ばれている。

監査法人フィールズ 代表社員
税理士法人フィールズ 代表社員
株式会社フィールズコンサルティング 代表取締役社長
国土交通省 住宅局企画競争有識者委員会 委員長

Ikemura

執行役員 事業開発担当

池村 光次

2006年にみずほ銀行入行、その後ヘッドハンティング型人材ベンチャーのレイス株式会社を経て、2009年にシード特化型VCのSamurai Incubateに参画。主に事業開発と営業・マーケティング支援に従事し、多くのスタートアップの事業開発に関わる。2012年に株式会社KUROKOを創業し、スタートアップや企業の新規事業における事業開発支援(市場調査・選定、事業機会の発見、事業概念の検証・実証、スケール時の顧客開拓・組織構築等)を行う。

Eto

執行役員 コミュニケーションプランナー

江頭 敬太

神戸出身。関西大学文学部(中国文学科)卒業。
在学中、古着屋でのショップスタッフ / バイヤーを経験。個人活動にて、グラフィティ・アートなどで生計を立て、新卒にて大手広告代理店へ入社。 大手ファッション通販会社、アパレルブランドを担当し、その後、ベンチャー企業 2 社を経て、株式会社 IROYA (IROZA) を設立。 CEO / CCO として店舗・EC 運営を経験し、2018 年事業譲渡。
ストリートブランド、90s カルチャーを中心に多数コレクションを保有。

Shimohigashi

クリエイティブディレクター

下東 史明

2004 年 博報堂に入社し、コピーライター・クリエイティブディレクターとして企業・商品のブランディング・コミュニケーション企画立案、表現制作を行う。
最近の仕事に、MINTIA「俺は持ってる。」、エアーサロンパス「スポーツが好きだ、大好きだ!」、イエローハット、JAL、カルピスウォーター、コーセー Fasio、SHARP アクオスフォンなど。
TCC 新人賞 TCC 審査委員長賞、ヤングカンヌ日本代表、JR東日本ポスターグランプリ金賞、日経広告賞、One Show (Merit)、新聞広告朝日賞、アジア太平洋広告祭ブロンズ、交通広告グランプリ作品賞など数々の受賞歴を有する。

Advisors

森下 満成 (元)クックパッド事業担当執行役
三木 寛文 グリー創業メンバー
西岡 拓人 ナイア代表/(元)クックパッド開発エンジニア
梶原 由景 LOWERCASE 代表/(元)ビームスクリエイティブディレクター
竹腰 名生 ファッションデザイナー/(元)JIL SANDER チーフデザイナー
飯野 高広 ファッションジャーナリスト
山縣 基与志 ジャパノロジーミュージアム代表