RIVER OF DREAMS / BILLY JOEL

0

1993年リリース。
プロデューサーはダニー・コーチマー、ゲストでまさかのレスリー・ウエストが参加(1, 2, 4)しています。私の中で、85年の「ビリー・ザ・ベスト」以降パッとしない印象のビリーさん。前作の「ストーム・フロント」はヒットしたそうですが、聞いてません^^;
で、このアルバム。一曲目から"これじゃない感"に襲われます。曲の仕上がりはとてもいいのですが、"ビリー・ジョエル"って感じがしないのです。案の定、ビリーっぽいタイトルナンバー"The River of Dreams"がヒットしました。このアルバムの後はライブ中心の活動となっているようです。

1. ノー・マンズ・ランド - "No Man's Land"
2. グレート・ウォール・オブ・チャイナ - "The Great Wall of China"
3. ブロンド・オーヴァー・ブルー - "Blonde Over Blue"
4. 憂鬱なヴァリエーション - "A Minor Variation"
5. 見えないのは真実 - "Shades of Grey"
6. 君が教えてくれるすべてのこと - "All About Soul"
7. 眠りつく君へ - "Lullabye (Goodnight, My Angel)"
8. ザ・リヴァー・オブ・ドリームス - "The River of Dreams"
9. 2千年もの果てに - "Two Thousand Years" - 5:20
10. ラスト・ワーズ - "Famous Last Words" - 4:55

3分過ぎからレスリーさん弾きまくりの"The Great Wall of China"
https://www.youtube.com/watch?v=_HP_uDksJu0

Default
  • File

    negrita

    2019/6/20

    チョーキングヴィヴラートでフレーズを伸ばしに伸ばしまくったかと思えば、短いフレーズを繋いで小気味よさを出す、独特の味わいをもってますよね~、レスリーさん🎸

    返信する
    • File

      ace

      2019/6/20

      手数少ないですけど表情が豊かなんですよね😊
      3:30からの激長サスティーーーーーン✨

      返信する