モーツァルト : 交響曲第39番 / チャイコフスキー : 交響曲第5番

0

ムラヴィンスキー / レニングラード・フィル 
来日ライブ エディション 第5集

2003年、ムラヴィンスキーの生誕100周年を記念して日本ムラヴィンスキー協会(個人サークルですがムラヴィンスキー本人の了承をとってます)の協力を得てリリースされました。音源提供は大野弘雄氏。発表にあたり、ムラヴィンスキー夫人の了解を得ています。個人録音ですが、なかなかのバランスで聴き応えあります。
ムラヴィンスキーのチャイコフスキー第5番はいくつかありますが、この演奏はいいと思います。録音の状況とCDのレンジの限界を差し引いても余る、LPOの迫力!絵画的に広がるダイナミックな空間。

モーツァルトは好んで演奏していたようです。この曲はオーボエ・パートにクラリネット採用しています。ハリのあるストリングスと相まって明るい印象の39番です。そして、安定のチャイコの5番。

収録:1975年6月7日 東京文化会館(モーツァルト)
   1975年5月13日 東京文化会館(チャイコフスキー)

https://www.youtube.com/watch?v=mLscPPxYOII

Default
  • File

    tomica-loco

    2019/8/30

    モーッアルトのシンフォニー39番は40番、41番と並び三大交響曲と呼ばれていますね。
    39番の哀愁を感じる旋律は結構好きなのですが、中学生の頃に初めて40番ト短調を聴いた時に39番やジュピターよりも好きになりました。

    返信する
    • File

      ace

      2019/8/30

      マイナーなのに跳ねる感じがありながら一方で憂や落ち着きも感じる不思議な曲です😆

      返信する