STRANGER IN TOWN / BOB SEGER & THE SILVER BULLET BAND

0

1978年リリース
1-3,4と2-1,2,4は、バックがマッスルショールズ・リズムセクションです。
また1-4はグレン・フライが、2-1はドン・フェルダーがリードをとっています。
文句なしの"オッさん・ロック"! 今の時代だと、このむさ苦しいアメリカン・マッチョは敬遠されるかもしれませんが、、、やっぱ、こうでなくちゃ!
#OOR
(帯は縮んで外せませんでした、ごめんなさい)

SIDE 1
1. "Hollywood Nights"
2. "Still the Same"
3. "Old Time Rock and Roll"
4. "Till It Shines"
5. "Feel Like a Number"
SIDE 2
1. "Ain't Got No Money"
2. "We've Got Tonight"
3. "Brave Strangers"
4. "The Famous Final Scene"

フロントにシビれる"Till It Shines"
https://www.youtube.com/watch?v=_Lb0Rj6pcK8

Default
  • File

    negrita

    2019/9/11

    この人の振れ幅、凄いですよね~✨
    Smokin~でのムチャクチャファンキーなテイストがあると思ったら、こんなメロウなOOR(笑)までありですもんね。
    しかし、この曲のアコースティックの繊細さといったら、タマランもんがありますね!
    そして問答無用のフロント!いいなきっぷり!!

    返信する
    • File

      ace

      2019/9/11

      ナイス感想、ありがとうございます😊
      アレンジと演奏の木目が細かく、ウットリしますね😌
      こっちはロッケンなドンのリード😁
      https://m.youtube.com/watch?v=A8jFl1XMQ_w

      返信する
    • File

      negrita

      2019/9/11

      このヴォーカルはへヴィにファンキーですね!ギターもバリバリ~🎸

      返信する
    • File

      ace

      2019/9/11

      でも、ドンのスライドと バリー・ベケットのピアノが程よくホンキー・トンクで重過ぎずベリグーだと思います😆✨

      返信する