AFTER HOURS / GARY MOORE

0

1992年リリースのソロ9作目。
「Still Got The Blues」に続いてのブルーズ・アルバム。
ゲストにB.B.キング(Since I Met You Baby)とアルバート・コリンズ(The Blues is Alright)、ベースはウィル・リーとボブ・ディズリーとジョニー・B.・ゲイドン(アルバート・コリンズのバンドのベーシスト)です。
前作に比べ、粗さが消えてサウンドが完成された感じがします。1、3曲目の仕上がりは抜群です。また、B.B.キングもいいですがリトル・ミルトンのカバーが素晴らしい!
このアルバムはピーター・グリーンに譲ってもらった'59レスポールでレコーディングされています。前作はもう一本のこれとクリソツ'59(Still got the blues les paul)でレコーディングされました。
グリーニーは、ピーター・グリーン自身が65年だったかに150万で購入。でゲイリーに300万で売却。その後怪我で飛ばしたツアーの補填と糖尿病の治療のためにコレクターに売却(価格は非公表)され、現在はメタリカのカーク・ハメットの元にあります。

1. "Cold Day in Hell" 4:27
2. "Don't You Lie to Me (I Get Evil)" <Hudson Whittaker> 2:30
3. "Story of the Blues" 6:41
4. "Since I Met You Baby" 2:52
5. "Separate Ways" 4:54
6. "Only Fool in Town" 3:52
7. "Key to Love" <John Mayall> 1:59
8. "Jumpin' at Shadows" <Duster Bennett> 4:21
9. "The Blues is Alright" <Milton Campbell> 5:45
10. "The Hurt Inside" 5:53
11. "Nothing's the Same" 5:04

さあ、チョーキング&ビブラートで震えろ❗️
"Cold Day in Hell"
https://www.youtube.com/watch?v=2cXMfcn9UMM

Default
  • File

    nocturnalclan

    2019/10/4

    ( ゚д゚)・・ブルブル

    返信する
    • File

      ace

      2019/10/4

      ノンノンノン、これくらい↓
      ((((;゚Д゚)))))))

      返信する