ROPIN' THE WIND / GARTH BLOOKS

0

1991年リリース
プレスリーよりアルバムを売った男、ガース・ブルックス。その三作目。
かなりポップですが、基本ハイロンサムで歌い上げるコテコテ・カントリーも健在で聴きやすい今時のカントリーです(といっても30年位前のアルバムですけど...)。さらにこの後オルタナ・カントリーが台頭してきて、よりミクスチャーが進んで行くカントリーシーンです。

1. "Against the Grain"
2. "Rodeo"
3. "What She's Doing Now"
4. "Burning Bridges"
5. "Papa Loved Mama"
6. "Shameless"
7. "Cold Shoulder"
8. "We Bury the Hatchet"
9. "In Lonesome Dove"
10. "The River"

最早サザンロックな"Shameless"
https://www.youtube.com/watch?v=lMALM5dB_XQ

Default
  • File

    nocturnalclan

    2020/1/18

    そもそもサザンロックは
    根っこに持ってますよね。

    https://youtu.be/ZCq4EkzLlQM

    返信する
    • File

      ace

      2020/1/18

      たしかに😁

      返信する
  • File

    negrita

    2020/1/18

    後半のコーラスとの絡みなんてまさに!なサザーン具合っ!サザンロックのルーツのカントリーが、サザンロックをやってる、ってのがまた✨

    返信する
    • File

      ace

      2020/1/18

      コレがヴィンス・ギルあたりだと、もっとスッキリしてくるんですよ🤔

      返信する