RETURN TO FOREVER / CHICK COREA

0

1972年リリース
チック・コリアのソロですが、このメンバーでそのままバンドを立ち上げ活動していくことになります。
音楽ジャンルの融合というよりも、アコースティックとエレクトリックの融合を目指したように感じられます。

1."Return to Forever"
2."Crystal Silence"
3."What Game Shall We Play Today"
4."Sometime Ago - La Fiesta"

https://www.youtube.com/watch?v=BlSUt0_jHAI

Default
  • File

    mj0129

    2020/3/30

    名盤!これって、オリジナル盤はドイツかな?アルバム『Return To Forever』でググると、バンド名が出てくるという(笑)

    返信する
    • File

      ace

      2020/3/30

      ありがとうございます😊
      いいですよね〜✨このバンドの”呼吸感”みたいな(わかりづらい^^;)のがたまりません。
      オリジナルはドイツ盤のはずです😆

      返信する
  • File

    ts-r32

    2020/3/30

    フローラ・プリムのヴォーカルが良いです👍✨

    返信する
    • File

      ace

      2020/3/30

      ですね✨
      透明感とかではなく、ストレートに響いてきます😌

      返信する
  • File

    negrita

    2020/3/30

    あー!これサティスファクションで売ってた〜!買えばよかった😭
    しかし、これ、まさにアコースティックとエレクトリックの壮絶な果たし合いってなかんじで、凄まじい音のせめぎ合いから生み出される音の揺らぎ!!グルーヴィとはまさにこのこと!

    返信する
    • File

      ace

      2020/3/30

      あ〜😩
      行って❗️すぐに行って❗️

      注目点は、チック・コリアがエレピでスタンリー・クラークがウッドベース(本格的にエレキを使い出すのはこの後ですが)なところ✨
      この"フュージョン"のグルーヴは仕上がりとは裏腹に超ヘヴィです😁是非、通して聴いて‼️

      返信する