GREEN IS BEAUTIFUL / GRANT GREEN

0

1970年リリース
終始軽快に弾きまくるグラントさん。その静かに畝るグルーヴに熱く絡むブルー・ミッチェル。JB、ビートルズ、バカラックのカバーを含む秀作。
ジャズが下火になりつつあった当時、ポピュラー・ミュージックのカバーが流行っていたそうです(必ずしもジャズメンは納得していなかったようですが...)。            

1. Ain't It Funky Now 9:57
2. A Day In The Life 8:55
3. The Windjammer 5:40
4. I'll Never Fall In Love Again 6:40
5. Dracula 6:03

でもこの人はノリノリでヤっていただろう"Ain't It Funky Now"
1分過ぎあたりのギターソロの入り、そのあと3分40秒あたりからサックス→ペット→オルガンと回していってエンディングで再び吠えるグラントさん。構成自体はむしろ古臭いのですが、のせられちゃいますね^^;
https://www.youtube.com/watch?v=RAKEiN9PvFI

Default
  • File

    negrita

    2020/3/13

    やっぱこの方、好きだわぁ〜❤3.40〜のソロまわしのバッキングがセンスよすぎ!!リフをギターでならしてるかと思いきやオルガンでならしつつ、朴訥ながらもっさりとしたファンキーなフレーズを投げ込んでくるのもよいし、エンディング間際のドラムもファンキー!
    アナログがそこらへんに落ちてないのがイタいなぁ…
    ほしいほしいほしいほしい☆

    返信する
    • File

      ace

      2020/3/13 - 編集済み

      この頃のキーマンが、ドラマーのイドリス・ムハンマドさんではないかと✨
      流れるようなビートから、モたるギリのバックビート、妙にキレるブレイク😆

      '70のグラントさんはやっぱ人気ないのかなぁ...😓
      https://www.youtube.com/watch?v=COsEufoyP6Y&list=RDRAKEiN9PvFI&index=3

      返信する