HOTWHEELS / 1965 Pontiac GTO

0

60年代のポンティアックはボディラインが美しいですね。"RAM AIR"のプリントもバッチリ!

Default
  • File

    charlie0215

    2018/8/10

    この年代の、
    デカイ
    ハコ型
    屋根が低い
    クーペ
    ビックブロック
    堪らないですね。

    返信する
    • File

      ace

      2018/8/10 - 編集済み

      4リッターV8ツインターボで600馬力オーバーのエンジンが作れる今からみると時代遅れかもしれませんが、60年代後半の米車は一つの完成形だと思います😁

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/10

      そう思います。
      NAS CARもその辺りからですからね。
      同じエンジンでも、開発者、チューナーによって別物になりますからね。当時はかなり争っていたのでしょうね。近年では、ボルトオンでもパワーが上げれますからね。一馬力上げるだったか、1Kの軽量化だったが、10万とか言われていた事がありました、

      有難うございます。

      返信する
    • File

      ace

      2018/8/10

      こちらこそです😊
      機械っていうと冷たいイメージですが、実はアバウトで生々しいモノだと思うのです。
      同じOHVだって短距離にでも長距離にでも変身して、キャブ調でも微妙に開くか絞るかで車の調子が別物になったり。足回りだってESCもABSも何もない分、地面との関わりがダイレクトに伝わってきて面白いと思うのです😆その作り手と乗り手の呼吸みたいなものが感じられる時代だったと思います🤔それが市販車でもあったと思うのです。ただ完成されてた分、潰しが効かなかった燃費向上なんかには対応できなかったんだと思います。
      長文&しかもちょぴり逸れて失礼いたしたました😆

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/11

      そうなんですよね。
      名人と呼ばれる様な方々はセッティングが違います。違うエンジンに思える位、ジェットとの絡みもありますが、プライマリーからセカンダリーのタイムラグも無く運転してて気持ち良いです。燃費を気にしていたり、ハイブリッドの電気モーターになったりすると、パワーバンドやトルク曲線は全く関係ない物になりますからね。

      有難うございます。

      返信する