SANTANA / GUITAR HEAVEN : The Greatest Guitar Classics of All Time

0

2010年リリース
ギターが印象的な曲のカバー集ですが、いい意味で裏切られます。注目はゲスト陣。一曲目、いきなり"胸いっぱいの愛を"でクリス・コーネルにボーカルとらせてます。これがまたZEPの面影なしでカッコいい!2曲目は"キャン・ユー・ヒア・ミー・ノッキング"。これもどう聴いてもこの曲なんですが、ストーンズが不在です。その他、ラッパーのナズがボーカルの"バック・イン・ブラック"やジョー・コッカーの"リトル・ウィング"などなど、楽しめる一枚です。ビール片手に気楽にどうぞ!

"Little Wing"
https://m.youtube.com/watch?v=7KzkCqi94Gs

Default
  • File

    negrita

    2018/1/22

    ノッキングの″ストーンズが不在″とは、もう、本質捉えすぎですね(笑)
    ストーンズの意味でもサンタナの意味でも!
    ノッキングの後半ジャムでのテイラーの湿ったトーンのソロは、″サンタナ的″でしたから、合わないわけはない!ですけどね💕

    返信する
    • File

      ace

      2018/1/22

      コメありがとうございます😊
      ZEPカバー見つけました😆
      https://m.ok.ru/video/372253198962

      返信する