THE REAL DEAL / BUDDY GUY with G.E.SMITH & The Saturday Night Live Band

0

1996年リリース。シカゴの自分のクラブで、バックにG.E.スミスを迎えてのライブ。どっぷりブルースではなく、ちょっとロック寄り。しっぽり聴かすというよりは、ノリノリで弾きまくってます。ミスター・テレキャス、G.E.スミスのバッキングは素晴らしいの一言。グラス片手にイェーってやるのが正解の一枚。

"Damn Right I've Got The Blues"
https://m.youtube.com/watch?v=A0im4NkrAVw

Default
  • File

    negrita

    2018/2/2

    バディのライヴは一度だけいった事がありますが、すさまじい熱量で。
    このライヴもその熱量がパッケージングされているようで、イイですね!
    体を伸ばしてチョーキングしている様が目に浮かぶ!

    にしても、ですが、G.Eのバッキング、いいですね~L(‘▽‘)/
    決して主役を邪魔せず、弾きすぎないプレイなのに、投げ掛けられたフレーズには相応のフレージングで応える。
    テレキャスのトーンも相俟って絶妙なコンビネーション!

    返信する
    • File

      ace

      2018/2/2 - 編集済み

      それは素敵ですね!😍羨ましい!G.E.スミスはいいですよね!前に出ないのに、しっかりG.E.スミスなところがこの人のいいところ✨いいレビューありがとうございます😊

      返信する