TRAVELING WILBURYS / Traveling Wilburys Vol.1

0

1988年の作品
"ウィルベリー兄弟のバンド"という設定のプロジェクト。ジョージが新曲のレコーディングにディランのスタジオを借りて、声をかけて集まったのがこのメンバーだった、という顛末のようです。ジョージの顔の広さには驚きです。ELOのジェフ・リンはジョージの大ファンで、この前に映画のサントラで念願の共演を果たしたそうです。イチローとムネリンみたいな感じですね。
1stナンバーの"Handle with care"の出来が良かったので、このメンバーでアルバム製作になりました。全員声に特徴がありすぎてバレバレなのが笑うトコですが、伏せた理由はレコード会社が違ったからだそうです。惜しむらくは、ロイが急逝したこと。のびのび楽しんでるいいアルバムだったので残念でした。
2007年にDVDが出てたようです。未視聴なのでチェックしてみます。

"Handle with care"
https://m.youtube.com/watch?v=1o4s1KVJaVA

Default
  • File

    negrita

    2018/2/23

    大林監督キタ━(゚∀゚)━!(笑)
    ウィルベリーズくるんじゃないかと、昨日のコメントで睨んでました( ̄ー ̄)

    それはさておき、よくぞ集結したもんだ、というメンツと、音の個性。
    ロイ・オービンソンがいたから、というのもあるんでしょうが、やはりジョージの求心力と人柄のなせる御業ですね!

    返信する
    • File

      ace

      2018/2/23

      バレバレですよねー…( ̄ー ̄ )

      高校生くらいまでは「ジョン、かっけー」でしたが、成長すると「ジョージ、いいよねー」に変わる不思議😆

      返信する
    • File

      ace

      2018/2/23

      30越えてから"サムシング"の聴こえかたが変わりました😆

      返信する