思い出の写真 ①

0

1970 Plymouth RoadRunner
かつての相棒
RoadRunnerはビックブロック搭載の廉価版車として発売されました。快適装備や装飾は一切無しの4sdでモーターは383super commando。オプションでATが、モーターは440とHEMIが選べたようです。このようなグレードを設けた理由は若年層にもV8を、だったようです。アメ車といえばV8、というイメージがありますが直6が標準でした。V8はスペシャルクラス、もしくはレースのホモロゲ用に搭載されることが多かったようです。そこで廉価グレードでV8の販促を狙ったようです。
383は440より吹けがよく、4sdとの相性もよかったと思います。
ノーマルで楽しんでいましたが、あるトラブルをきっかけにチューニングを開始します。
詳しくは日記で( ̄▽ ̄)

Default
  • File

    TWIN−MILL

    2017/7/19

    そう言う事ですか…納得(笑)。
    立ち姿が良いRRです。日記、楽しみにしてますよ!!

    返信する
  • File

    ace

    2017/7/19

    そう言う事です…^^;
    よろしくお願いいたしますぅ〜

    返信する
  • 確かに!やはりアメ車はV8ですよね!

    返信する
    • File

      ace

      2018/11/23

      ありがとうございます😊
      8発は面白いんです!OHVでも吹けるエンジン作れて、短距離も長距離も狙えます😆でも一番は"音"だったりして✨

      返信する