ラフマニノフ : ピアノ協奏曲第2番

0

ピアノ : エレーヌ・グリモー
ウラジミール・アシュケナージ指揮
フィルハーモニア管弦楽団
2000年6, 9月、2001年1月
ワトフォード、ベルリン

<収録曲>
ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
前奏曲 嬰ト短調 作品32の12
練習曲集 「音の絵」 作品33
コレルリの主題による変奏曲 作品42

エレーヌ・グリモーはユダヤ系フランス人のピアニストです。出身はセザンヌと同じエクサンプロバンス。84年にデビューし、90年にアメリカへ移住しました。
ラフマニノフは得意の彼女、バックを受けるアシュケナージもまたラフマニノフが得意です。彼はピアニスト出身の指揮者で、ラフマニノフも多く演奏されてます。
演奏は、ラフマニノフへの想いを強く感じるものです。非常に情感が豊かですが、音を一つ一つをしっかり選んで迷いの無い力強さも感じます。

動画は2008年、指揮はクラウディオ・アバド、演奏はルツェルン祝祭管弦楽団
https://www.youtube.com/watch?v=_asI5WvGVQs

Default
  • File

    negrita

    2018/4/6

    こういうのをまってました!(笑)
    覆う不穏さを切り裂いていくようなプレイ!(*σ´ェ`)σ
    最高です

    返信する
    • File

      ace

      2018/4/6

      コメ&wishありがとうございます😊
      個人的に2番ほ迷路のような回廊や庭園を彷徨ってて、そこに意外とわかりやすい綺麗なメロディが色を添えて…なんか大正浪漫なイメージで聴いちゃうんですけど、エレーヌさんはその色付けが上手いんです😅わかりにくいですね…
      あと、美人のショートカットは反則😍

      返信する
    • File

      negrita

      2018/4/6

      耳だけでなく目を奪われたのを白状しておきます(笑)!

      返信する
    • File

      ace

      2018/4/6

      😆👍💕

      返信する