WE INSIST! / MAX ROACH

0

1960年リリース
ローチといえばハード・バップ。しかしこのアルバムは期待を裏切ります。
1955年のモントゴメリー・バスボイコット以降、盛り上がり始めた黒人の公民権運動。その真っ只中にリリースされたこのアルバムは、ジャスでは珍しくメッセージ色の強いもの(タイトルがもう…)になっています。アルバムを通して、民族音楽をやってるようなビートが続きます。B面の一曲目、"All Africa"は歌詞が部族名になってます。ボーカルで参加のアビー・リンカーンは、このあとローチと結婚しました。

"All Africa"
https://m.youtube.com/watch?v=4fMH_hw8gcs

Default
  • File

    negrita

    2018/6/20

    スピリチュアルで呪術てき不穏さ。当時最も攻撃的でヒップでメッセージ性を持っていたのがジャズ(アフロ)だった、ってのがよくわかります

    返信する
    • File

      ace

      2018/6/20

      ハード・バップはアグレッシブですからね😆ローチ的には、「わかってる!もう充分だってことはわかってる!だけどどうしてももう一発殴りたいんだ!」って感じで出しちゃったアルバムかなぁ〜、と思ってます😎🥁

      返信する