KILROY WAS HERE / STYX

0

1983年リリース
STYXはコーポレイト系の扱いの時もありますが、このようなコンセプトアルバムを出すのでプログレ系扱いもされています。
初見はSONY MUSIC TV。アルバムのストーリーに沿ったムービー仕立てのPVで、その完成度に脱帽。内容は、未来の世界では暴力の原因と考えられるものは、全て規制の対象となっています。ロック・ミュージックも含まれていて、ドクター・ライチャスが主宰する反ロック団体"MMM"の指導のもと熱狂的な支持者が集まり焚書ならぬ焚レコードを行っている...。
伝説のロックスターのキルロイ役にデニス・デ・ヤング、レジスタンスのジョナサンはギターのトミー・ショウ、ドクター・ライチャスに同じくギターのジェームズ・ヤング、その手下にドラムのジョン・パノッツォとベースのチャック・パノッツォがあてられ、ドラマと間に挟んだライブ映像でストーリーが展開していきます。

"KILROY WAS HERE"は、"へのへのもへじ"的なアメリカの落書きです。

https://www.youtube.com/watch?v=Y0yTeUrCjms&list=PLjUErxaupXTewzQgep3mv6PeEkeLvyeCu

https://muuseo.com/45rpm/items/1017

Default
  • 「どもありがっとみすたーろぼっと」・・・結構耳に残るぅ~~。

    返信する
    • File

      ace

      2018/9/6

      ですね❗️😆

      返信する
  • File

    45rpm

    2018/9/6

    アラ!?シンクロしてました?

    返信する
    • File

      ace

      2018/9/6

      無断リンクいたしました❗️
      失礼いたしました❗️😆

      返信する
    • File

      45rpm

      2018/9/6

      いいえ、ありがとうございました😊

      返信する