東映宣伝部 東映まんがまつり(昭和47年春)えほん 当時物

0

東映宣伝部発行

昭和47年(1972年)3月18日に公開された「東映まんがまつり」の絵本形式のパンフレットです。
ラインナップは、『仮面ライダー対ショッカー』『ながぐつ三銃士』『スペクトルマン』『さるとびエッちゃん』『ムーミン』の5本立て。
『仮面ライダー対ショッカー』は仮面ライダー初の劇場版で、劇場版オリジナルの怪人ザンジオーの登場や、テレビでの新1号編に先駆けての変身ポーズ披露など、イベント要素がたっぷりの作品でした。本来は東映動画(現:東映アニメーション)製作の『ながぐつ三銃士』がメインで、『仮面ライダー対ショッカー』が二番手なのですが、表紙での扱いを見る限りでは実質こちらがメインのようですね(笑)
『ながぐつ三銃士』は東映動画のマスコットキャラクターとしてもお馴染みの、猫のペロが主人公の「長靴猫シリーズ」の第2作目。この時のペロの声は鈴木やすし(鈴木ヤスシ)氏でした。
『スペクトルマン』は怪獣X(シルバーロボ)や再生怪獣たちが登場する、テレビシリーズ第27話の上映でした。前年夏の「東映まんがまつり」では仮面ライダーよりも上の二番手扱いでしたが、今回は逆転、第二次怪獣ブームから変身ヒーローブームへの移り変わりを如実に物語っていますね。(パンフレットの扱いでも『ムーミン』の2ページに対し、1ページしか割り当てられなかったのが寂しい...)
『さるとびエッちゃん』はテレビシリーズ第1話のブローアップ版、『ムーミン』は昭和47年(1972年)版テレビシリーズ第2話のブローアップ版の上映でした。

#東映まんがまつり #東映 #仮面ライダー #ながぐつ三銃士 #スペクトルマン #さるとびエッちゃん #ムーミン #絵本 #パンフレット

Default
  • File

    A-chan

    2020/8/24

    こんばんは。
    ムーミンって東映まんがまつりで仮面ライダーやスペクトルマンと共演した経験があったんですね。パンフレットのムーミン達、何だか仮面ライダー対ショッカーにビビっているみたい(笑)。平和なムーミン谷にショッカーが攻めてきたらイチコロですね・・・・・・(汗)。
    それから、ながぐつ三銃士も同時上映だったんですよね。あのペロと3匹の殺し屋とのおバカなやり取りが大好きなんです(笑)。

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2020/8/25

      '60~'70年代の「東映まんがまつり」って、結構、他社作品もかかるケースがあって、私も『グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦!大海獣』の時、併映で東映作品ではない『母をたずねて三千里』がかかって不思議に思いましたっけ(笑)
      ムーミンはライバルの「東宝チャンピオンまつり」でもかかったことがあって、その時のメインは『怪獣大戦争』の短縮リバイバル版でした。

      返信する
  • File

    tomica-loco

    2021/12/31 - 編集済み

    コレ観に行ってます。

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2022/1/1

      私は翌昭和48年から「東映まんがまつり」を観始めたので、この時の興行は観てないんです。映画館のスクリーンで『仮面ライダー対ショッカー』をご覧になったのは羨ましいですね。

      返信する