ブルマァク メシエ星雲人(メシエ星人) スタンダードサイズ 当時物

0

ロボネズや白鳥座61番星人の少女・エリカを使って、地球侵略の邪魔になる帰ってきたウルトラマン=郷秀樹の暗殺を画策した宇宙人、メシエ星雲人。
長い歴史があるウルトラシリーズにはもはや数え切れないほど多くの宇宙人が登場しましたが、名称に「星人」ではなく「星雲人」と付くのはかなり珍しいのではないでしょうか?平成ウルトラシリーズでは『ウルトラマンダイナ』に「クレア星雲人」、『ウルトラファイトゼロ』に「デスレ星雲人」というのが登場しましたが、少なくとも昭和ウルトラシリーズでは彼だけですよね?(映画ではゴジラシリーズの『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』で「M宇宙ハンター星雲人」が登場します。また、余談ですが、『ウルトラマンティガ』には「デシモ星系人」、平成『ウルトラセブン』には「レモジョ星系人」というのが登場しました)
このメシエ星雲人というのは星雲・星団・銀河に番号を振って天体の一覧を作成したフランスの天文学者、シャルル・メシエにちなんで付けられたそうですが、そんな名前の由来と、往年の有名クリーチャー、メタルナミュータントのような風貌も手伝って、何となく“SF”の香りが漂う宇宙人です。(やってることは従来の侵略宇宙人と変わりありませんでしたが...)

ブルマァク当時物のメシエ星雲人(足裏表記はメシエ星人)のソフビ。
ブルマァクの名匠による傑作が多い後期新マン怪獣の中にあってはユルーい造形ですが、このキャラクターにはそれが妙にマッチしています。着ぐるみよりも“福耳”が強調され、大黒様や恵比寿様のような趣があります。こういうのがレトロソフビの面白いところですね。(ちなみに私が所有しているメシエ星雲人は、胸にオレンジの吹き付けがあるタイプです)
それにしても今になってみると、『帰ってきたウルトラマン』に登場する怪獣・宇宙人の中でもマイナーな部類のロボネズとメシエ星雲人が揃ってソフビ化されていたのはある意味、奇跡的でしたね。

#帰ってきたウルトラマン #ブルマァク #円谷プロ #怪獣 #ソフビ

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2019/4/30

    ふと思いましたが、ウルトラマンは《M78星雲人》では無いのかなと。^^;

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2019/5/1

      そうですね、M78星雲、「光の国」の人ですよね~
      カプセル怪獣のウインダムの出身地のメタル星、ミクラスの出身地のバッファロー星、アギラの出身地のアニマル星もM78星雲内にありますね。

      返信する