マスダヤ ネズバートン(ネズバードン) スタンダードサイズ 当時物

1

ゴリ博士がネズミと鳩を合成して作り出した怪獣、ネズバートン。
身近な害獣であるネズミと鳩を組み合わせた、如何にもピー・プロらしい、フリーキーなセンスの怪獣ですね。
山奥の寒村を舞台に、ネズバートンが人間を襲うスプラッター描写も強烈でしたが、この前後編は人気が高かったようで、再編集されたものが東映まんがまつりの一編として上映されたほか、本放映時にも第58話と59話の間に再放送がされています。

マスダヤのネズバートン(足裏表記はネズバードン)。
劇中の着ぐるみとはおよそかけ離れたイメージでデフォルメされていますが、人間を喰らい、病原菌を撒き散らすネズバートンの獰猛さ、凶悪さは凄く伝わってきます。
デッサンが狂っている絵をそのまま立体化したような、頭部とボディのアンバランスさも、ここまでくると芸術的としかいいようがありません。

#宇宙猿人ゴリ #スペクトルマン #マスダヤ #ピー・プロ #ソフビ #怪獣

Default
  • File

    tanupon

    2019/2/10

    この話、当時観て怖かったです。
    ネズバードンのしつこさも恐怖。

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2019/2/10

      スペクトルマンは子供にトラウマを植え付けるエピソードが多かったですね。おかげで、未だその呪縛から逃れられません(笑)

      返信する