ケイブンシャ 怪獣怪人大全集1 ゴジラ 東宝怪獣篇1 当時物

0

初版発行 昭和47年4月20日
再版発行 昭和47年5月10日
三版発行 昭和47年5月30日
発行所 株式会社 勁文社

ケイブンシャが昭和47年に発売した、「怪獣怪人大全集1 ゴジラ 東宝怪獣篇1」です。
“二匹目のドジョウ”を狙った企画でしょうか、爆発的な大ヒット作となった「原色怪獣怪人大百科」を彷彿させる装丁の箱ですが、内側には『ゴジラ』シリーズを手掛けた東宝の大プロデューサー、田中友幸氏による「怪獣の王様ゴジラの誕生」と題された寄稿文が掲載されていて、中には小冊子が三冊納められています。
一冊目には、当時の最新作『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』がカラーと単色の写真で、第1作『ゴジラ』・第2作『ゴジラの逆襲』が単色の写真で紹介され、他には「特撮映画の種明かし」「ゴジラと戦った怪獣たち」が掲載。
二冊目には、『怪獣総進撃』などのカラー写真、第3作『キングコング対ゴジラ』・第4作『モスラ対ゴジラ』・第5作『三大怪獣 地球最大の決戦』・第6作『怪獣大戦争』がモノクロの写真で紹介され、他には「ゴジラ古戦場地図」「ゴジラ解剖図」「ゴジラ映画全作品リスト」「ゴジラ写真ものがたり」が掲載。
三冊目には、『ゴジラ対ヘドラ』のカラー写真、第7作『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』・第8作『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』・第9作『怪獣総進撃』・第10作『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』・第11作『ゴジラ対ヘドラ』がモノクロ&単色の写真で紹介され、他には「ゴジラのパンフレット・ポスター他」「ゴジラ年表」「ゴジラのエピソード」「ゴジラの足跡」が掲載されています。
当時の子供向け怪獣本としてはかなりマニアックな内容で、写真も今となっては珍しいものが沢山掲載されています。特撮や怪獣の“資料本”という概念が無い時代の、貴重な書籍だと思います。

#ケイブンシャ #勁文社 #ゴジラ #東宝怪獣 #怪獣

Default
  • File

    tanupon

    2020/4/28

    なにやらお宝画像やエピソードが
    いろいろと載っていそうな
    貴重な一冊ですね!

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2020/4/29

      初ゴジとかキンゴジとか、そういう概念がまだ無い時代のゴジラ本としては物凄く充実していますね。ファンコレよりも前にこんなマニアックな視点のゴジラ本を作っていたという点で、やっぱりケイブンシャは凄いと思うのです。

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2021/12/30 - 編集済み

    子供の頃かってもらった記憶があります。今観ているとヒーローキャラが少ない当時のゴジラはスゴイ存在感だったことを思い出します。怪獣王の異名をとる所以ですね。

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2021/12/30

      『流星人間ゾーン』以前のゴジラは、普段テレビでは観られない怪獣。まさに“ハレの日”の怪獣でしたね。

      返信する