河出書房新社 ふくろうの本 図説 異星人 野田SFコレクション

0

2002年5月20日初版印刷
2002年5月30日初版発行
発行所 河出書房新社

平成14年(2002年)に河出書房新社より刊行された「ふくろうの本 図説 異星人 野田SFコレクション」です。
数多くの海外SF小説を翻訳し、また、SF作家としても大活躍された“宇宙軍大元帥”こと野田昌宏氏の膨大なコレクションの中から、主に昔のアメリカの書籍や雑誌などに掲載された宇宙人やモンスターのイラストを収録、解説した本です。
H・G・ウェルズ『宇宙戦争』の火星人に始まり、1920年代から50年代にかけて出版されたパルプマガジンの表紙を飾ったBEM(Bug Eyed Monster、Big Eyed Monster)たち、そして、日本でもかの大伴昌司氏が紹介したり、様々な媒体に流用された(パクられた?)、エド・カーティア(エド・カウチャー)の「星間生物園」の異星人たちが、デイヴィッド・カイルの原典の全訳と共に掲載されていたりと、これ一冊で昔のアメリカの、宇宙人イラストの変遷が楽しめるという内容になっています。
後のSF映画にも大きな影響を与えた素晴らしいイラストの数々は、眺めているだけで時が経つのを忘れてしまいます。

#宇宙人 #SF #モンスター #野田昌宏 #エド・カーティア #エド・カウチャー #河出書房新社

Default
  • File

    オマハルゲ

    2020/8/16

    最後の画像の12番、何となくツインテールの元ネタに見えます。

    返信する
    • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

      dape_man

      2020/8/16

      池谷さんのデザイン画のポージンクからしてそっくりなのでその可能性大ですね。成田さんの人工生命M1号の没デザインとかブラコ星人とか、カーティアが日本の怪獣デザインに与えた影響は少なからずあるようです。

      返信する