ケイブンシャ ケイブンシャの大百科26 ウルトラマン大百科 当時物

0

昭和53年8月10日 初版
昭和53年8月31日 2版
発行所 株式会社 勁文社

ケイブンシャの「ケイブンシャの大百科26 ウルトラマン大百科」です。
第一次・第二次の怪獣ブームを体験して育った世代による“リバイバル”ブームの色彩が強かった、昭和53年(1978年)の第三次怪獣ブーム。ブームを主導した酒井敏夫(竹内博)・中島紳介・池田憲章・原口智生・開田裕治といった「怪獣倶楽部」の面々が中心となって製作された朝日ソノラマの「ファンタスティックTVコレクションNo.2 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマン ウルトラセブン ウルトラQ」は第三次怪獣ブームを象徴するムック本ですが、そんな面々が関わった“子供向けファンコレNo.2”ともいうべき名著がこの本です。
『ウルトラQ』から『ウルトラマンレオ』までの全エピソードと登場する怪獣・宇宙人の紹介、放映リストといったウルトラシリーズの情報が、お馴染みの分厚い豆本形式の中にギュッと詰まっていて、今読み返すと「こんなに文字情報多かったっけ?」という印象を受けますが、そういう子供向けらしからぬ編集が当の子供たちの“オタク心”をくすぐったんでしょうね。個人的にはページの片隅に設けられた「うらばなし」のコラムが好きで、人生には何の役にも立たないウルトラシリーズのマニアックな知識を沢山植え付けられました(笑) 
自分の趣味・嗜好というものを確立させてくれたという点で、忘れられない一冊です。

#ケイブンシャ #ケイブンシャの大百科 #勁文社 #ウルトラQ #ウルトラマン #ウルトラセブン #帰ってきたウルトラマン #ウルトラマンA #ウルトラマンエース #ウルトラマンタロウ #ウルトラマンレオ #円谷プロ #怪獣

Default