1/144 ドラグナー1型 リフター1装着タイプ

0

ドラグナー1型(D-1)は『機甲戦記ドラグナー』に登場する主人公機であり、ギガノス帝国におけるメタルアーマーの権威、ラング・プラート博士が地球連合軍にもたらしたメタルアーマー群「D兵器」の一体です。

本機は大気圏内用増加装備「リフター1」をD-1に装着した機体になります。
元々、D-1はその推力によって自重を相殺する事は可能であるものの、宇宙用の冷却材と燃焼剤を用いるために効率が悪く、短時間しか飛行できませんでした。リフターにおいては、吸入した空気を本体の熱核反応炉で発生した熱によって圧縮・膨張させるターボファンエンジン2基を採用。D-1の飛行性能を大幅に向上させています。また、主翼の下には副翼を取り付けた複葉機となっており、ドッグファイトでは良好な運動性を発揮します。

キットはドラグナー1型のキットのリデコで、当初付属していたBB弾発射機能付きバズーカとレーザーソードが省かれ、リフター1のパーツが付属しています。(主翼下にミサイルポッドがあるのですがパーツを紛失してます。)
リフター1は脱着可能であり、主翼・副翼ともに折り畳むギミックが再現されています。
部分塗装とスミ入れ、付属シールを使用して仕上げています。
製作したのがかなり前のもので作りが雑なのはご勘弁下さい。
#ドラグナー
#プラモデル

Default
  • File

    Shining KazutaZ

    2019/1/3

    なんとも懐かしい(涙)
    ブロック毎で各部位を仕上げる事が出来るようになったのはこのドラグナーが最初でしたね。
    B-CLUBが出した改造パーツで初めてガレージキットにも触れたキッカケとなったキットでもあります。

    マウンテンサークル、ちゃんと埋まってますね(笑)

    返信する
    • File

      ガンキチ

      2019/1/3

      我ながらよく残っていたと思います(^ ^;)

      返信する