1/144 HG ハイペリオンガンダム

0

コミックス『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』に登場する、ユーラシア連邦とアクタイオン・インダストリー社とが共同開発した機体。
本機に搭載されている光波防御シールド「アルミューレ・リュミエール (A.L.)」は、完全展開時に各部の発生器が展開し機体全体を覆う事によって、360度全方位の攻撃に対し鉄壁の守りを誇ります。従来の光波シールドは出入り双方向の攻撃を遮断するもので、防御と同時に攻撃を行うことは出来きませんでしたが、本機のシールドは外部からの攻撃を遮断しつつ自機による内部からの攻撃を通すモノフェーズ(単位相指向型型)光波シールドに改良されており、正に攻防一体を可能としています。但し、A.L.の稼働には多大な電力を要するため、完全展開の稼働時間は僅か5分となっています。
因みに「ハイペリオン」とは「高い天を行く者」の意味を持つギリシャ神話の神「ヒュペリーオーン」に由来しています。

キットではA.L.ユニットの可動を再現。ビームマシンガン、ビームナイフの他、シールドサイズで展開したA.L.のエフェクトパーツが付属。
部分塗装とスミ入れで仕上げています。
#hg
#ガンプラ
#ガンダム
#プラモデル

Default
  • File

    Shining KazutaZ

    2019/1/6

    種の中での大河原御代の意匠が色濃く残るMSは特に好きです。

    返信する
    • File

      ガンキチ

      2019/1/6

      フェイス部や武装のゴテゴテ感がいかにもって感じです(^ ^)

      返信する