1/144 HG ガンダムアスタロト

0

アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の外伝『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 月鋼』に登場するMSで、厄祭戦末期に建造された72機のガンダム・フレーム採用型MSの一機。

終戦後、ギャラルホルンに名を連ねるウォーレン家により行われた月面調査の最中、巨大クレーターの底部から発見され、以後三百年近く同家の手により管理・保管されてきましたが、同家は10年前に地球経済圏との癒着が発覚した事で取り潰しとなり、アスタロトもまたアングラな市場を彷徨う事になりました。

紆余曲折を経て、アスタロトは月のアバランチコロニーに拠点を置く複合企業「タントテンポ」の管理下に置かれますが、その間に装備や装甲は分解・売却されており、タントテンポの手に渡った時点でほぼフレームのみの状態になっていました。

アスタロトはガンダム・フレームにスピナ・ロディや百錬などの装甲を装着した結果、左右非対称なシルエットを持ち、左腕部に至っては入手が容易であったスピナ・ロディの腕部装甲がそのまま転用されています。

キットでは特徴的な左右非対称なフォルムを再現。本体よりも巨大な折りたたみ式ナイフ「デモリッションナイフ」や左腕部のサブナックルなど特徴的な武装が付属。
部分塗装と墨入れで仕上げています。
#hg
#ガンプラ
#ガンダム
#プラモデル

Default