1/144 HGUC バウ(量産型)

0

アニメ「機動戦士ガンダムZZ」に登場するネオ・ジオンの量産型分離可変MS。

エゥーゴやティターンズが投入する可変MSに対抗すべく開発された機体であり、開発にあたってはアナハイム・エレクトロニクス社の『Z計画』に携わっていた旧公国系の技術者が携わっていたと言われています。

最大の特徴は、飛行形態において機体の上下を分離して運用できることにあり、パイロットを務めた士官グレミー・トトにより、下半身には慣性誘導装置と弾頭が搭載され、下半身を大型ミサイルとして射出し敵機にぶつけるという戦法が可能となりました。

本機はグレミーが搭乗した試作機(朱色)をベースに士官用として開発された量産機になります。

キットはHGUCシリーズ初期のもので、関節構造などに古さを感じざるを得ませんが、バウの特徴である分離・変形機構を再現しています。ビームライフル、シールド、クリアパーツではないビームサーベルが付属。
部分塗装(シールドは全塗装)と墨入れで仕上げています。
#hg
#ガンプラ
#ガンダム

Default