1/144 HGUC 量産型ゲルググ

0

アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するジオン公国軍の汎用量産型モビルスーツ。

基本設計はザクⅡを開発したジオニック社、バーニア系統はヅダやドムで実績のあるツィマッド社、標準装備であるビーム兵器2種はズゴックを手掛けたMPI社が担当しており、本機にはジオン公国の工業力の全てがつぎ込まれていると言っても過言ではなく、カタログスペックは装甲強度を除けばガンダムをも上回る性能を有し、更にザクⅡの生産ラインを転用可能という高い生産性を併せ持ちます。

同軍の主力機であるザクⅡの後継機種として開発が始められましたが、ビーム兵器の開発が難航した事に加え、提携3社の確執等もあり、正式な量産化の開始は一年戦争終盤となってしまいました。
また、これを効果的に扱う事が出来るエースパイロットや熟練パイロットの多くが戦死し、絶対数として不足していた上に機種転換が遅れ、配備された機体の多くは学徒動員によって連れてこられた練度の低いパイロットが搭乗する事となり、性能を十分に引き出せなかった事がジオン公国の敗因の一つになったとも言われています。

もし本機の量産が数ヶ月早ければ、一年戦争の結果はどうなっていたかは分からないとされており、「遅すぎた名機」という不名誉な称号を持つこととなりました。

部分塗装&墨入れ仕上げ。
アクセントとしてガンプライベントで購入したウェポンセットの試作型ビームライフルを持たせています。
合成画像は拙い技術をフル動員して作ってみました😄
#hg
#ガンプラ
#ガンダム
#プラモデル
#ゲルググ

Default
  • File

    塚原ユズル

    2020/11/16

    カッコイイ!
    これ、探してるんですけど、今どこにも売っていないんですよね〜

    返信する
    • File

      ガンキチ

      2020/11/16

      これは半年くらい前に量販店で入手して積んでいたものです☝🏻
      シャア専用ゲルググは店頭で見かけるんですけどねぇ😅

      返信する