1/144 HG プロトタイプグフ戦術実証機

0

『MSD(MOBILE SUIT DISCOVERY)』に登場する機体で『MSV』にて文字設定のみ存在していた機体と考えられています。

機動実証機のテストと並行して行われていた「試作型ヒート・ロッド」と、「フィンガーバルカン」の試作型にあたる「三連装マシンガン」を装備した試験機。
完成機では右腕にマニピュレーターとヒート・ロッドを両方搭載していますが、本機の場合はマニピュレーターがなく、腕部先端がヒート・ロッドの射出口となっています。左腕のマシンガンも完成機は五連装ですが、本機は親指部分がセンサーとなった三連装式を採用しており、関節がないために指を曲げられません。前腕部は「モビルワーカー MW-01 01式後期型」と同規格のアタッチメント式になっており、通常のマニピュレーターに換装することも可能。

ジオニック社でグフの開発を行っていた技師の証言によると、ランバ・ラルがテストパイロットだったという説があるようです。

キットには三連装マシンガン、シールド、ヒート・ホークが付属。
部分塗装とスミ入れ仕上げ。モノアイやセンサー部を蛍光塗料で塗装。ブラックライトで発光します。
#hg
#ガンプラ
#ガンダム
#プラモデル
#ORIGIN

Default