シュンちゃんシリーズ エピソード6 MATCH BOX ロータスヨーロッパ

0

こちらはMATCH BOXのロータスヨーロッパです!約40年振りで再び手に入れることが出来ました。このミニカーそしてこのカラーは僕にとって思い出深い物、何故なのか?ま、あのお話を皆さんにするしかないでしょう!

題して、ひでパパ俺達の初めての〇〇体験の巻!

あれは当時僕が小学五年生の時でした!
当時の小学校には様々な変な校則がどこの地方でもあったと思います!
その一つに"校区外は大人と一緒に行きましょう!"と言う校則!つまり、小学校の校区以外に行く時は子供同士では無く 大人が同伴しないと行っては行けないというものでした!

何故、この校則が?と、お思いでしょう?それはこの昭和50年当時 スーパーカーブームが始まりテレビや雑誌で取り上げられることが多く 子供たちは皆一様にスーパーカーに憧れておりました!
勿論、スーパーカーの実車を買える子供はそういる訳でもなく、専ら大抵の子供たちはミニカーを手に入れる事でその欲求を満たしていたのでありました!

然し乍ら、当時のトミカではブームに直ぐに乗り、次から次にスーパーカーの新作が発売される事もなく 僕たちは欲しいけど、トミカではまだ発売されていない!でも、やっぱり欲しいと、思っておりました!そこで登場するのが、マッチボックス!

マッチボックスには流石外国のメーカーだけあってスーパーカーのラインナップがズラリ!ランボルギーニミウラ、マセラッティボーラ、デトマソパンチラ いや、パンテーラetc=欲しい!となるのでありました!

ただ、ここで問題があったのです!

それは当時 福岡市内でマッチボックスのミニカーを売っている店は僕の知る限りでは無く、ミニカー=トミカでありました。しかし、唯一マッチボックスのミニカーが手に入る(かも?)場所があったのです!

岩田屋福岡本店!

岩田屋とはその地方、地方に必ずある"その紙袋を持って訪問すると、ワンランク上のおもてなしを受けられる いわゆる高島屋や三越に代表されるステイタス的な百貨店、デパートであります!
現在、福岡市内には三越などがありますが 当時は岩田屋か大丸のみ!その中でも岩田屋は福岡市の老舗中の老舗であるにも関わらず玩具売り場にはトミカしか扱ってるおらず、その屋上にある遊園地に併設されているゲームセンターのSUPER SCOPE(2と3の画像参照)の景品に憧れのマッチボックスのミニカーが投入されていたのでありました!

話が思い切り飛んでしまいましたが、この岩田屋福岡本店がある九州一の繁華街 天神は僕らの小学校の校区外、腹が立つ事にこの天神は僕らの校区を道一本渡るだけ!しかし、校区外=大人と一緒に行きましょう!この校則があるため無闇に近づけないのでありました。
以前から僕は誰も見てないと思い ひとりで道を渡り天神に遊びに行った翌日、クラスの女の子が『はい!先生、昨日 ひでパパ俺達君がひとりで校区外に行っていました!』と、チクられその日は担任に説教三昧の一日も日常茶飯事でありました!

因みに、この校区外の中で未だに謎の場所がありまして、なんと校区外の天神のど真ん中にある公園だけは僕らの小学校の校区の名前が付いていて、ここだけはOK!しかしどの道を通っても一旦校区外に出なければ辿りつけない公園がありました!

ま、話をまた戻す事にして、僕が小学五年生のある日どうしてもマッチボックスのミニカーが欲しくて また校則を破る決断をしたのでありました!
その日はひとりで行くのではなく、皆さんのご存知の彼、そうシュンちゃんと一緒に行く事にしたのです!

当時 シュンちゃんは中学一年生!僕の財布代わり!
中学生は大人ではないので、岩田屋のある天神には人目を避けるため、わざと遠回りして
向かってのでありました!

その道すがら、ふと気がつくと いつのまにか彼がいたのでありました!

そうです、アリンコが前を横切るより影の薄い "ななちゃんのお兄ちゃん"がいたのでありました!

別に彼は僕にとって人畜無害であるため3人で向かう事と相成りました!

暫く歩くと目的地 岩田屋の屋上に到着!

当時はテレビゲームのようなハイテクなものは無く ピンボール、スマートボールそして今でも偶に見かけるUFOキャッチャーのはしりで上から見下ろしてカプセルを三本爪で掴み取り出し口まで持って行くゲームなどなどが主で、先ずは腕試しとばかり、僕は得意のゲームへ!
このゲーム、お金を入れるとランダムに高さが決定し、拳でハンマーボタンを叩いて指定の高さに止まれば景品ゲット!と名前は分かりませんが僕はこのゲームが得意でした!
そして一二回で景品をゲットしてその景品をシュンちゃんに恩着せがましくプレゼントするのでありました!(このゲームの景品は何回も獲っていて 大したものが入ってないのを僕は知っていたからですσ^_^; )

そして僕はシュンちゃんに"見返りカモーン"とばかりに スーパースコープの前に彼らを案内するのでありました!
そして上級生なら、このゲームを攻略して僕に景品を寄こしやがれと言わんばかりに『このミニカー欲しいなぁ!でも、獲れんやろうなぁ?』と、シュンちゃんを煽るのでありました!
シュンちゃんはそれならば!と、言わんばかりに何度もチャレンジ→しかし全く景品のミニカーには擦らず!僕は心の中で『やっぱり、コイツは使い物にならない!』と、思いつつも止める事はしませんでした!
そして ふと横を見ると、あの"ななちゃんのお兄ちゃん"がやりたそうな目をしてこっちを見ている事に気がつくのでありました!

ま、どうせ僕がお金を出す訳ではないので、シュンちゃんに代わるようにうながしたのでありました!

そして先ず一回目、ダメーーー!

二回目、あっ触ったぁ!

三回目、え〜〜〜?!獲りよったぁ!

なんと言う事でしょう!あのどうでもいいくらい影の薄い"ななちゃんのお兄ちゃん"が!

やはり神さまは平等に何か取柄を与えたもうたもの! "ななちゃんのお兄ちゃん"にも一応!
僕はその景品のミニカーをプレゼントしてくれるとも言っていないのに『ななちゃんのお兄ちゃん、ありがとう^_^これ欲しかったちゃんねぇ!』と、無理矢理ゲット!
それがこのマッチボックスのこのなんとも言えないピンクメタリックのロータスヨーロッパでありました!めでたしめでたし!→→→長々とこな乱文にお付き合い頂きありがとうございます!(@ ̄ρ ̄@)

しかーーーーし!実はココからがこの話の本題であったのです!

まんまと、ミニカーを手に入れた僕でありましたが、気がつくと僕の肩を叩く者がいたのでありました!

振り向くと二人のアイパーをかけた怖いお兄ちゃんが立っておりました!(当時、アイパーをかけた怖いにいちゃんを僕はアッパーにいちゃんと、呼んでおりました!)

そうです、あの有名なカツアゲやらうのアッパーにいちゃんだったのです!

僕ら二人いや、ほぼ三人はアッパーにいちゃんの言うままひと気の無い場所にエスコートされるのでありました!

ココからは当時の緊迫感を再現する為、博多弁で!

アッパーにいちゃんA
『きさん、さっき 眼つけよったろうがぁ!』
(きさん=君)

アッパーにいちゃんB
『きさんたちが 眼飛ばしようとば、みとったとばい!』

ひでパパ俺達
『ぜんぜん、そげん事しとらんです!』
(そげん=そんな)

アッパーにいちゃんA
『眼飛ばしとったけん、呼んだッタイ!』
と、言うと僕たちをビンタ!
『パチっパチっパチっ♪』

ひでパパ俺達
『なんしようとですか?』

アッパーにいちゃんB
『どげんもこげんもなかったい!』

アッパーにいちゃんA
『出さんね!』→(有り金を出しなさい!)

アッパーにいちゃんB
『出さんと、ぼてくりこかっそ!』
→(有り金を出さないと 痛い目にあわすよ!)

そしてまたビンタ!

僕は親父にいつもこれ以上のビンタを日常茶飯事のようにくらっていたので、なんて事無かったのですが、
シュンちゃんとななちゃんのお兄ちゃんの方を見ると

二人とも半ベソ状態!

僕は心の中で
『せからしかぁ、早く逃げなぁ!いっそどっちかが犠牲になってくれれば よかとに?!』と、思いつつ二人を見ていると 突然、シュンちゃんとななちゃんのお兄ちゃんが反撃!

そして

そして

出たぁーーーーーーーーーーーーぁ!

ね、ね、ね、ね、

猫パンチぃーーーーーー!

しかし、池乃めだかの様に頭を抑えられていた為、二人の大泣きして繰り出す猫パンチは空を切るのでありました!

僕はその状況を見て心の中で
『ダメだコリャーーーーーーーーー!』
いかりや長介化していたのでありました!

しかし、ココがチャンスとばかり、アッパーにいちゃんA と Bの隙をついて
そろ〜りそろり、そろ〜りそろり!と、和泉元彌バリに後退り!そして、

ランナウェイ〜ランナウェイとーても好きさぁー♪

日頃からこの岩田屋を熟知していた僕は彼らを見捨てて階段→エレベーター→エスカレーター→階段と、巧みに乗り継ぎ見事自宅へと辿り着いたのでありました!

あーーめでたしめでたし!
数日後、何食わぬ顔でシュンちゃんとななちゃんのお兄ちゃんに会っておりましたとさ!

題して、ひでパパ俺達の初めてのカツアゲ体験の巻でありました!

尚、このお話は ほぼほぼ実際に起こった体験談であります。所々 並盛 大盛 特盛 メガ盛が御座いますのでご了承下さい!

皆さん、長い時間お付き合い頂きありがとうございました*\(^o^)/*

予告1 次回作品も順調に製作中!名門家系のM君や隣が〇〇の為そのあだ名を命名された
I君が初登場!

予告2 ビーバップ ジュニアハイスクール編では身の丈〇〇のT君やパシリのN君もいよいよそのベールを脱ぐ事に!

只今、全力で収集中!展示出来次第 後悔❌ 公開!

Default
  • File

    0214seiji

    2019/1/23

    岩田屋、懐かしい〜。
    ぼてくりこかっそ、先日我が娘に使ったところ、
    ポカ〜ンとされ、「何ワケわかんない事言ってんのよっ」と逆ギレされました。^_^

    返信する
    • 僕も娘に言ったら無反応で また怒りが…(笑)ま、子供たちは生まれも育ちも関西なので仕方ないのですがσ(^_^;)

      返信する
    • File

      0214seiji

      2019/1/23

      私は関東ですが、状況は同じですね。
      ^_^

      返信する
  • File

    ace

    2019/1/23

    なんという遠回りなエピソード❗️
    楽しかったです❗️😁👍✨

    返信する
    • ace様 あざーす!僕も時々皆さんのコメントを読ませて頂く時に表示させるのに相当スライドしないとコメントまで辿り着けない為 ちょっと後悔しますが、また書いてしまうんですよねぇ!懲りないオヤジでありますσ(^_^;)

      返信する
  • File

    45rpm

    2019/1/23

    「アリンコが前を横切るより影の薄い 」‼️、
    笑わせないで下さい。明日朝早いのに眠れなくなりました。

    返信する
    • 45rpm様 コメントありがとうございます。もう 朝までミューゼオ三昧決定ですねー(笑)

      返信する
  • Ee2cw67n

    だいちゃん

    2019/1/23

    アッパーおじさんの独り言。
    デトマソパンチラ欲しか〜〜⁉︎

    返信する
    • 欲し〜〜〜い!(笑)

      返信する
  • File

    8823hayabusa

    2019/1/25

    校区が好きだ(笑)

    しかし、変わった校則ですなあ。こっちにはそんなの有りませんでした。せいぜい自転車乗るのに免許制度(学校発効の)位ですかね。

    さすがは修羅の国! カツアゲも理不尽な言い掛り(笑) 博多弁って所々が解りませんが、大体意味は通じます♪

    しかし【ななちゃんの兄貴】、どんだけ影が薄いんだ(笑) イメージが湧かない(爆)

    File
    返信する
    • File

      ひでパパ俺達!

      2019/1/25 - 編集済み

      コメントありがとうございます。先ずは修羅の国の件ですが、まだ会話があるだけマシな方で 基本 博多の怖い方々は言葉より先に手が出てくるからタチが悪かとですよ!それとななちゃんのお兄ちゃんのことですが、イメージが湧かない?そうなんです、それくらい影が薄いんですよ!だって実家の二軒隣に住んでいて 付き合いも結構長いにもかかわらず、マジで名前が出でこないんです、直接付き合いのない妹の名前は40年以上経っても出てくるのにですよ!

      返信する
  • File

    sat-2019

    2019/6/7

    流行りのものを買いに出かけるには必ず、カツアゲというリスクが必ずついて回りますよね…
    拝見しながら、情景がリアルに思い浮かびました!

    返信する
    • ですよね!あの時はリアルに怖かったです。しかし それ以上にシュンちゃんたちの行動で腹がよじれました(笑)

      返信する