復活の日 (DVD プレミアムBOX)

0

1980年に映画上映された 僕の最も好きな映画の中で五本の指に入る作品です!
小松左京原作、角川春樹事務所製作
この当時僕は高1で偶々一つ年上の従兄弟が遊びに来ていて、映画を観に行く話になり、当時上映されていた"スターウォーズ 帝国の逆襲"を観る気たっぷりでいたにもかかわらず、従兄弟が"復活の日"を観たいと言われ、そのまま押し切られて渋々観に行った思い出があります!
しかしながら、上映を観た後からジワジワとハマってしまい、大好きな映画のひとつとなりました!
全編156分と長い映画であらすじは僕が書くと途轍もなく長く、そして主観バリバリになってしまうので、ネットより抜粋したので読んで、そして何はともあれ一度ご覧下さい!

196X年2月、イギリス陸軍細菌戦研究所で試験中だった猛毒の新型ウイルス「MM-88」が職業スパイによって持ち出される。スパイの乗った小型飛行機は吹雪に遭ってアルプス山中に墜落し、ウイルス保管容器は砕け散る。春が訪れて気温が上昇するとMM-88は大気中で増殖を始め、全世界に広まった。当初は家畜の疫病や新型インフルエンザと思われたが、心臓発作による謎の突然死が相次ぎ、おびただしい犠牲者を出してなお病原体や対抗策は見つからず、人間社会は壊滅状態に陥る。半年後、夏の終わりには35億人の人類を含む地球上の爬虫類・両生類・魚類・円口類を除く脊椎動物が、ほとんど絶滅してしまう。

生き残ったのは、南極大陸に滞在していた各国の観測隊員約1万人と、海中を航行していたために感染を免れた原子力潜水艦ネーレイド号やT-232号の乗組員たちだけであった。過酷な極寒の世界がウイルスの活動を妨げ、そこに暮らす人々を護っていたのである。南極の人々は国家の壁を越えて結成した「南極連邦委員会」のもとで再建の道を模索し、種の存続のために女性隊員27名による妊娠・出産を義務化したほか、アマチュア無線で傍受した医学者の遺言からウイルスの正体を学び、ワクチンの研究を開始する。

4年後、日本観測隊の地質学者の吉住(よしずみ)は、旧アメリカアラスカ地域への巨大地震の襲来を予測する。その地震をホワイトハウスに備わるARS(自動報復装置)が敵国の核攻撃と誤認すると、旧ソ連全土を核弾頭内蔵ICBMが爆撃することや、それを受けた旧ソ連のARSも作動して南極も爆撃されることが判明する。吉住とカーター少佐はARSを停止するための決死隊としてワシントンへ向かい、ホワイトハウス地下の大統領危機管理センターへ侵入するが、到着寸前に地震が発生したためにARSを停止できず、その報復合戦で世界は2回目の死を迎える。しかし、幸いにも南極は標的とならなかったうえ、中性子爆弾の爆発によってMM-88から無害な変種が生まれ、皮肉にも南極の人々を救う結果となる。

6年後、南極の人々は南米大陸南端への上陸を開始し、小さな集落を構えて北上の機会を待っていた。そこに、服が千切れて髪や髭はボサボサという、衰弱した放浪者が現れる。それは、ワシントンから生き延びて徒歩で大陸縦断を敢行してきた吉住だった。精神を病みながらも仲間のもとへ帰ろうとする一念で生還した吉住を人々が歓呼で迎え、物語の幕は下りる。

主演は草刈正雄 オリビアハッシー他
主題歌の"ユーアー•ラブは最高であります!

https://youtu.be/S2RtJ583JS0

Default
  • File

    8823hayabusa

    2019/2/16

    当時騒がれていたけど、実は…まだ観た事ないのです。グスン。

    今度観てみるかなあ。

    返信する
    • 8823様
      コメントありがとうございます!
      是非、観て下さい!ユーアーラブが耳から離れなくなりますよ^_^ 僕はこのDVD を観る時はひとりで部屋にこもり、陶酔しています!

      返信する
  • File

    Hirot

    2019/2/16

    お。SCREEN派ですか>ハッシー

    返信する
    • 出来れば、SCREENで観たいとこですが中々遠のいています!でも、仕事をリタイアしたら劇場に行きまくりますよ!

      返信する
    • File

      Hirot

      2019/2/16

      あ、いえ(汗)
      当時「SCREEN」では”ハッシー”、
      「ROADSHOW」は”ハッセー”表記だった記憶がありまして。
      ……逆かも。

      返信する
  • File

    woodstein

    2019/2/16

     私は公開当時に今は無き有楽座で見ました。最も印象に残っているのは、木村大作氏の撮影ですかね。南極というとこの3年後に「南極物語」という作品もありましたが、南極そのものの映像の美しさと荒涼感の表現は、断然本作の方が上でしたね。ただし、音楽はヴァンゲリスに軍配が上がります。
     ところでも、このDVDでは外国人俳優の台詞の日本人声優による吹替は収録されているのでしょうか。できれば、テレビ放送時の吹替が収録してある版をもう一度観てみたいですね。

    返信する
    • コメントありがとうございます。残念ながら 吹き替えは入って無いんですよ!ただ、本編ディスクと別に特典ディスクが付いていて、特撮 画コンテやロケーションアルバム、美術資料集、外国版"VIRUS"などが収録されています!

      返信する
  • B6cf967ebcafa336fe0b5e970ad6d9c2

    dape_man

    2019/2/17

    当時のCMを思い出します。大量にCMを流していたのは角川映画お得意の戦略でした。

    返信する
    • コメントありがとうございます。
      確かに!当時の角川映画のCM戦略は凄かったですよね、印象に残ってるものも沢山有りますよ!

      返信する