ハロー!サンディベル サンディベル nc-2、ncp-1

0

このセルは、かつてあった遊園地「PLランド」のPR用CMに使用されたものです。

PLランドは、かつて大阪府富田林市に存在した遊園地で、PL教団の敷地内に建設され、1957年開園。充実した遊園地で集客も多く、特に春季には池周りの「一万本のPLざくら」、夏季は「大プール群」が人気でした。PL学園などとともに、PL教団の知名度向上に貢献していましたが、1980年代に来場者が減少し、名称を「桜ヶ丘遊園」への変更を経て1989年9月に完全閉園しております。

モニュメントをバックにサンデイベルが飛び上がって登場、「PLランドでサンディベルが大活躍!」で始まり、白い水仙を持ってマークと登場。満開のPLさくらの中を行くモノレール映像が流れ、最後はアラレちゃんを呼んでコラボ、アラレちゃんは「みんなで来てちょ。」と言います。

CM映像はネット内で探せば発見できるかも知れません。
放映終了後、桜の季節のPR放映・関西地区のみでの放映だったようで、圏外で視聴記憶がございません。
ナレーターは山本さんではなく、アラレちゃんの小山さんです。

この場所への訪問経験はありませんが、廃遊園地は廃墟ノスタルジーを呼び起こす場所の一つで、こうした当時のアニメ番組とのコラボがあった事を通じても、かつての日々の懐旧となるでしょう。

なお、旧館で紹介致しました、本作のバイブル的資料性同人誌「reminiscence of Sandybelle」はやはり驚異の情報量を誇り、本CMのコマ画像を29点も掲載(本画2点含む)しており、際立つ専門性が圧巻、というところです。
園パンフや入場券などとのコラボの有無や、その他遊園地関連のアイテムについての情報はございません。

Default