魔法少女ララベル ララベル nc-27

0

ハイキングの回。
電車中のときから周囲の人々とマナーを巡ってしばしば対立、不協和になりながらの旅。
ブッポウソウの声が聞こえそうだったのを、近くを歩くラジオを鳴らした若者とここでも対立、うめ「・・人種が変わったとしか思えませんよ・・」
ララベル、何か考えて「お爺ちゃん、お婆ちゃん、あたしブッポウソウを探してきてあげる!」(走り出す)
・・・
木々をターザン的に渡る。
木の上から、山菜らしき物を採っている兄妹らしき二人を見つけ、「あのコに聞いてみよう。」
木からジャンプして「そおれ!」二人の前に降り立つ。
「あああ!」二人驚く。
ララベル「こんにちは。あたし達ブッポウソウの声を聞きたいんだけど、どこへ行けば聞けるか教えてくれない?」
二人身構えて、兄「イヤだ!」
ララベル「どうして・・」●
兄「ブッポウソウなんてうまいこと言って、ホントは山菜を採りに来たんだろ。」
ララベル「山菜?」
兄「お前らが根こそぎワラビやゼンマイ採ってくから村の者は困ってんだよ。」

首下部を重ね修正して撮影した物と思われ、重ね部分が欠落しておりスタンダード服になっています。本来襟は白地、ピンクのスポーティーシャツの物です。タップ切れなどで詳細は把握できません。

Default