★魔法の天使クリィミーマミ(2)海外販促物

0

香港の「いいじゃん」公式販売サイトのクリィミーマミのグッズ販売品の販促チラシで、アニメ画での新作画となるものです。
ぴえろの香港限定公式版権で国内では入手できない物のようです。

大きさはA5サイズ。
ウラ面は販売グッズ写真。(サイトで購入できます。国内未発売品)

※中国語では「返回我係小忌廉」(作品名)というのだそうです。(翻訳サイトだとヘンな訳が出ますので申し添えます)
この画の右上のネオン看板にも「小忌廉」(クリィミーマミ)とあります。
ローラースケートで、服も今までに見たことも無いテイストですから新鮮です。
裏面掲載のグッズには関心が低い為、この非売品チラシ自体がターゲットになったものです。

旧館でも再三触れて参りましたが、マミは長期人気作品で、既に放映後35年以上経過していますが、何らかのイベントが開催されたり、関連グッズが途切れずに発行・販売され続けており、新作画アイテムも頻繁に登場しています。
もはやその数・種類等を体系的・網羅的に追跡していくのも困難な状況にあります。
(後期の一部のアイテムを別途展示しています。)

当館では、画の選好により是々非々対応、というスタンスで、その動向を追求してはおりますが、さりとてイベントの全てに予めアンテナを張り続けることも困難で、海外物まで、となると更に困難となっており、「泥縄的対応」というのが実情というところです。

当館の他の作品と違い、現行品の「追跡」が続く作品、今後もまだまだ続く状況かと思われます。
見つかった都度、その画の選好度に応じての肩入れ度をもって、「泥縄的対応」で臨むこととなるでしょう。

しかし、フリマサイトなどの動向を見ていますと、「足が速い」というか、続々出るアイテムにあっという間にターゲットが移っていき、少し前の物はその時の異様な盛り上がりも冷めて、片隅に追いやられていく感が否めません。

こうした流れに乗っているだけでは、いつしか高値掴みの不良・過剰在庫のように、ろくなことにならない感があり、収集コンセプトに軸ブレだけは起こさぬように、真に価値を認める物にのみ向き合うといった自戒せねばならないところです。

一旦冷めてしまうと、今度は探して簡単にある物、ではなくなっていきます。そこのところも加味しつつ、「海外限定」の吟味評価も交え、結構シビアに対応すべきかもしれません。

こう書いた先から、ときに本品の画は久々に(鳴門阿波踊り以来か)「刺さった」感があって拡張対応(同一画で更に面大のアイテムの複数種所在を確認しました。)を検討・・

Default