着ぐるミクロマンシリーズ ゴジラ1954《タカラ》

0

なつかしの《変身サイボーグ》と同様のコンセプトで、ミクロマンに“怪獣の着ぐるみ”を着てもらって可動フィギュアにしようという発想の“着ぐるミクロマンシリーズ”の『ゴジラ』(1954年版)です。
2004年に映画『ゴジラ FinalWars』の公開を記念して発売された商品です。実際、“着ぐるミクロマンシリーズ”他の商品で弄くって遊んでみたところ、思ったほどポーズが付けやすい可動というわけでもなく、部品が取れたり破損しやすいなどいろいろあるために、開封せずに死蔵状態です。
#ミクロマン #タカラ #ゴジラ1954 #東宝 #変身サイボーグ

Default
  • File

    8823hayabusa

    2019/02/04

    あっ、やっぱそうなんですね。店頭で見かけた時、(あんまし可動しないのでは?)と思いました。

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2019/02/04

      コメント有難うございます。
      いじくってみた“着ぐるミクロマン”というのは、『小さき勇者たち』版のガメラですが、ポーズをつけようとすると内部のミクロマンがすんなりと追随せずに、手首が落ちたり、足首が落ちたりと、結構さんざんでした。^^;

      返信する
  • File

    ひろちゃん☆

    2019/02/05

    初代ゴジラいいですよね~♪そう、このシリーズ…ポーズ付けるのが楽しみで買うんですけど、動かずにガッカリするんですよね。僕はソフビ(手足は接着してしまって)と可動フィギアの別々で楽しんでました。

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2019/02/05

      コメント有難うございます。
      ああ、やっぱり…。^^;
      アイデアは好きなんですけどね。

      返信する
  • File

    オマハルゲ

    2019/03/02

    GIジョーの入る30㎝のメディコム版も軟質ソフビ製で造形はイマイチな上、可動範囲が狭かったりしますからね。
    趣旨は分かるんですけど、実際は動かしてポーズを付けるという商品ではないんでしょう。

    File
    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2019/03/02

      コメント有難うございます。
      まったく同感ですね。ギミックそのものを愉しむというものなのでしょう。^^;

      返信する