『転校生』《DVD》

0

映画『転校生』(1982年公開、大林宣彦監督作品)のDVDです。
“斉藤一夫のクラスに、ある日転校生がやってくる。斉藤一美、一夫の幼馴染で同姓の女の子だった。一緒に帰宅していた帰り道で、ふとした弾みで石段を転げ落ちて、気づいた時にはお互いの心が入れ替わってしまった!二人の日常はどうなるのか…。”
この映画の原作は山中恒氏の創作童話「おれがあいつであいつがおれで」ですが、男女の精神が入れ替わる前代未聞の物語だけに、相当な苦労があったようです。なお、2007年には大林宣彦監督自身で、舞台を長野市に移した、リメイク映画を作っています。
#転校生 #大林宣彦 #尾美としのり #小林聡美 #尾道市 #青春映画
https://youtu.be/zv6QhebVaQQ

Default
  • File

    13f_shizu

    2020/2/6 - 編集済み

    この映画 面白かったですね
    ラストの台詞とシーンも良かったですね

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/2/6

      コメント有難うございます。
      “尾道三部作”のトップということで、やはり名作ですよね。
      ところで、同じ大林監督の『さびしんぼう』に、この映画を元ネタにしたらしいシーンがあります。別役で出ている小林聡美と尾美としのりが部屋の急な階段を一緒に登ろうとして、よろけて苦笑するという場面です。^^;

      返信する
    • File

      woodstein

      2020/2/6

       ラストシーンは映画『旅情』のオマージュだと言われていましたね。

      返信する
    • File

      13f_shizu

      2020/2/6

      はい ありましたね
      wowowで録画して しっかり見ました

      返信する
    • File

      mjmat

      2022/5/8

      当時の雑誌のインタビューで,小林さん自身が「転校生」のワンシーンの再現だという発言をされていましたよ。

      返信する
  • File

    kinggidoko

    2020/2/7

    確か 小林聡美さんが男の子という設定で上半身裸で手を振っているシーンを思い出しました。すごい演出と演技だあ・と、感心した記憶があります。

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/2/7

      コメント有難うございます。
      中身が一美の外見は一夫が、いつもの調子で女装するという案もあったらしいですが、尾美としのり君に断固拒否されたそうです。^^;

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2020/2/7

       尾道三部作、いいですね~。思春期、初恋、片思い、届かぬ想い こう言うテーマには昔から弱いです。先日も岩井俊二の「ラストレター」を見ましたが、ストーリーに辻褄が合わないようなところがあるにも関わらず、すっかりはめられてしまいました。
       あっ、それと、大林監督は結構、脱がせ屋です。
      「彼のオートバイ彼女の島」の原田喜和子、「野ゆき山ゆき海べゆき」の鷲尾いさ子、「明日」の高橋かおり、etc…

      返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/2/7

      コメント有難うございます。
      評判を取ってヒットしたアニメ映画「君の名は。」とか、大林監督の青春映画の影響があるように思いますね。

      返信する
    • File

      woodstein

      2020/2/8

       toy ambulanceさんのコメントの続き:『HOUSE』の池上季実子、『異人たちとの夏』の名取裕子、『あの、夏の日 とんでろ じいちゃん』の宮崎あおい、『なごり雪』の宝生舞、など。

      返信する
    • Lion

      toy ambulance

      2020/2/8

       さすがはwoodさん
        私が見逃した作品も押さえてらっしゃる!
        これは、益々見たくなりました。もちろん、作品として(笑)

      返信する
  • File

    グリーン参る

    2022/5/19

    先日、この映画を観て懐かしくなりました。入れ替わりものの傑作であることは間違いないと思います。昨年のドラマ「天国と地獄」も、この映画と比べると男性の人格の入った女性の描き方にパンチが足りず、どちらかというと私は入れ替わり後の高橋一生さんの演技を楽しんでいました。
    ただ、本作では中身が一夫である一美が、本来の一夫より数段男らしく(どちらかというと粗野に)描かれていたのが不思議に映りました。入れ替わり前の一夫には、多少なりとも内向的な要素があるように見えたのです。
    現在なら撮影不可能なシーンが沢山ありますが、小林聡美さんはまさしく全身全霊をかけた圧巻の演技だったと思います。

    返信する