映画『幻の湖』オンエア記念缶バッジ

0

CS日本映画専門チャンネルより、伝説的な怪作映画『幻の湖』(1982、東宝)がオンエアされた記念に頂いた記念缶バッジです。クイズの解答は「勝ったわよシロ」でした。(意味不明)
#映画ノベルティ #幻の湖 #橋本忍 #東宝 #日本映画専門チャンネル
https://youtu.be/D8t1PuH1JjA

Default
  • File

    woodstein

    2020/5/8

     この作品についてはいずれ語りたいとは思っていますが、橋本忍がこれにより失ったものがあまりにも大きかったのは間違いないです。

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/5/8 - 編集済み

      コメント有難うございます。
      手塚治虫先生のヒットしなかった作品を「天才の凡作はやはり面白い」みたいに語った人がいますが、この『幻の湖』は全体にとりとめのない不条理な夢、みたいで話にもなってないと思います。
      橋本忍氏の実績から、164分もの長編映画にする予算が許されたんだと思いますけど、誰か止める人がいなかったのかと。^^;

      返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2020/5/9

     私も劇場で観ましたが、難解だとかシュールだとかとは違うのに、何だか判らない作品でした。
     主演に抜擢された南條玲子も結局、大成しませんでしたね。

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/5/9

      コメント有難うございます。
      『幻の湖』は封切り公開時は、一週間程度で切り上げられたと聞きますので貴重な証言だと思います。

      返信する
  • File

    オマハルゲ

    2020/5/10

    某掲示板で「死霊の盆踊り」について熱く語るというスレッドがあり、そこに常駐しています。そこでは「シベリア超特急」などと並んである意味“神作品”扱いされている作品ですね。
    主演の南条玲子さんはどうしているのやら…。

    返信する
  • File

    woodstein

    2020/5/10

     南條玲子ともう一人の主役の隆大介は、後年まさかの共演を果たしていました。1990年のNHK大河ドラマ『翔ぶが如く』においてで、俳優としてそれなりにキャリアを積めば、巡り合わせでそういうことがあっても不思議ではないものの、こういうある種曰く付きの作品の主演二人ですからね。当時は、少し驚きました。

    返信する