世界の大怪獣ものしり大博士《桃園書房》

0

桃園書房より1980年に発行された『世界の大怪獣ものしり大博士』です。聖咲奇/執筆、文庫(B6版カラー/モノクロ318頁、定価600円(当時)。(本文は昭和54(1979)年発行とあり、カバーには昭和55年発行とあります)
ケイブンシャの大百科シリーズから影響を受けていると思われる、主に子供向けの「少年ものしり百科シリーズ」の一冊ですが、モノによっては珍しい写真が載っていたり非常にマニアックな内容だったりします。桃園書房は2007年に破産しており、この本は古書市で処分品として見つけ、購入しました。下小口に赤いマジックが書かれているのは処分品の印。
特長的なのは、執筆者の聖咲奇氏やイラストのいたはししゅうほう、増尾隆之、開田裕治、米田仁士の各氏らで、朝日ソノラマの『すばらしき特撮映像の世界』や雑誌『宇宙船』の初期執筆者・イラストレーターのスタッフ、そのままです。
内容的にも、東宝・大映の日本怪獣映画から、『キングコング』からハリーハウゼン作品、B級怪物映画まで、初期の雑誌『宇宙船』の趣味そのままで、まるでジュニア向け別冊のような雰囲気です。
#特撮映画 #SF映画 #怪獣映画 #特殊撮影 #SF映画 #スペクタクル映画 #聖咲奇 #桃園書房
https://muuseo.com/jason1208/items/51

Default
  • File

    さるら。

    2020/11/28

    コレ持ってました!
    買い直したいんですけど、結構な古書価格になってるんですよね……処分品300円で入手とは羨ましい……(*´Д`)

    返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/11/28

      コメント有難うございます。
      ご存じの方もいましたか。落丁しかけてボロボロですけど、結構面白い本ですからね。大事にしようと思います。

      返信する
    • File

      さるら。

      2020/11/28

      確か、後半の方でHPLの『インスマウスの影』がイラストで紹介されていた記憶があります。
      ダーレスの『寂しい場所』とか、ジャコビの『水槽』とかも掲載されてたような……違ったかな(´・ω・`)

      返信する
    • Animals 16

      Jason1208

      2020/11/28

      ご指摘の3点、画僧スキャンしてみました。^^;

      返信する
    • File

      さるら。

      2020/11/28

      おおっ! うれしーっ! ありがとうございます!!
      記憶に誤りはなかったようで。

      ああ、ますます手元に置きたくなってきました(*´Д`)

      返信する
    • File

      さるら。

      2020/11/28

      駿河屋で1点在庫あるようですが、税込5700円なり……(" ゚Д゚)

      返信する