『雑誌スターログ日本版 No.61』《ツルモトルーム》

0

ツルモトルーム社より、1983年11月に発行された雑誌『スターログ日本版 第61号』です。定価680円。月刊化して、多少割高な印象を持ったものです。A4版カラー/モノクロ94頁。
月刊化して、洋画SFの記事だけではなく、広くSFに関する記事を掲載するようになった日本版スターログは、この号では「野田昌宏のSF世界大解剖」「日本特撮秘史 巨大スケール感を生む『海底軍艦』の円谷特撮研究」「シド・ミードの国際スポーツフェアポスター」が目を引きます。
テレビ演出者・制作会社幹部・作家・翻訳者・SFアートコレクター・「ガチャピン・ムック」の生みの親と多彩な顔を持つ野田昌宏氏(1933-2008)の創作世界に迫る特集が面白かったです。
野田氏は「銀河乞食軍団」という創作SFシリーズの著者でもありましたが、SF作家最長老だった今日泊亜蘭氏(きょうどまりあらん、1910-2008)と師弟関係に近い交友があり(交友の一端を小説風に執筆したのが、「レモン月夜の宇宙船」です)、今日泊亜蘭氏の「光の塔」「最終戦争」「海王星市から来た男」などの大江戸捕物帳風な伝法な口調の魅力を、現代のSFに移植しようとしたのが、「銀河乞食軍団」シリーズだと考えています。
奇しくも、今日泊亜蘭氏の逝去から一月も置かずに、野田氏も亡くなられたのは残念なことでした。
#スターログ日本版 #雑誌 #SF映画 #SFTV #SF小説 #ツルモトルーム
https://muuseo.com/jason1208/items/731

宇宙はジョークでいっぱい THE LIGHT STUFF 《角川文庫》
角川書店より1985年に発行された『宇宙はジョークでいっぱい』です。ボブ・ウォード/著、野田昌宏/訳、文庫版モノクロ342頁、ISBN4-04-244201-3、定価490円。 米国NASAの宇宙開発は、マーキュリー計画でその歴史が始まって以来、試行錯誤と未知の体験の連続でしたが、現場ではその緊張や恐怖を和らげるために、多くの関係者のジョーク(冗談、洒落、諧謔)が歴史に残されてきました。 この本は、その膨大なジョークを記録に留めた「宇宙開発の現場で拾った、フロンティア精神あふれるユーモアの数々を修正した貴重な一冊」です。 まず、この本の原題が「THE LIGHT STUFF」で、帯では“軽い読み物”と訳してますが、1983年公開の映画『ライトスタッフ』にちなんだ洒落となってます。古書で見かけたら、是非一度読んで頂きたい一冊です。 #宇宙開発 #NASA #ジョーク集 #マーキュリー計画 #アポロ計画 #スペースシャトル #野田昌宏 #角川文庫 https://muuseo.com/jason1208/items/361 https://youtu.be/tCblQ_fnPpc
https://muuseo.com/jason1208/items/731

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2021/02/04

    「レモン月夜の宇宙船」旧版

    File
    返信する
  • Animals 16

    Jason1208

    2021/02/17

    今日泊亜蘭「最終戦争」ハヤカワ文庫JA

    File
    返信する