紫砂茶壺

0

作家不明、新宿の「茶語」で一目惚れして購入しました。茶壺全体を猪に見立てたデザインに加え、蓋のつまみの造形も愛用の理由です。

Default