赤茶色のシーカーネリアンNo410

0

石の種類 カーネリアン

赤茶色になったカーネリアンです。

外皮が外れて中の玉髄が現れていますが、砂礫岩との接触面の凹みの部分は白く経年変化しています。

元々玉川流域の砂礫層から産出するのですが、海にまで来る間に外皮が外れたのでしょう。

玉川流域の赤瑪瑙やカーネリアンは水酸化鉄が染み込んで色を付けているのですが、完全に中まで真っ赤という物は殆ど存在しません。

この個体も濃い部分は一部だけです。

それでも濃い色のカーネリアンは、海に出る前に拾われちゃうので貴重です。

#玉髄
#カーネリアン
#鉱物標本
#国産天然石
#海の石
#ビーチコーミング

Default