Carpenters / Close to You (No.175)

0

(1970)
カーペンターズの2ndアルバム。プロデューサーはジャック・ドーアティ。
多くのカヴァー曲で有名だが、ジョン・ベティスとリチャード・カーペンターの書いたオリジナル曲もいい曲が揃っている。
全米のシングル・チャートで1位となったバカラック=デヴィッドの“(They Long to Be) Close to You”や2位となったポール・ウィリアムス、ロジャー・ニコルスの“We've Only Just Begun”、レノン=マッカートニーの“Help”も良いが、このアルバムではティム・ハーディンの“Reason to Believe”のカヴァーがいちばんな感じがする。
全米チャートで2位となったカーペンターズを代表する、聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. We've Only Just Begun
02. Love Is Surrender
03. Maybe It's You
04. Reason To Believe
05. Help
06. (They Long To Be) Close To You
07. Baby It's You
08. I'll Never Fall In Love Again
09. Crescent Noon
10. Mr. Guder
11. I Kept On Loving You
12. Another Song

Default