Wilson Pickett / Don't Knock My Love

0

(1971)
ベスト・アルバムを挟んでリリースされた、ウィルソン・ピケットの11枚目のアルバム。ブラッド・シャピロとデイヴ・クロフォードのプロデュース。
このアルバムがアトランティック・レコードでの最後のリリースとなったが、全米R&Bチャートで132位と大きく落ち込んだ結果はひとつの時代が終わった感じだ。
しかし、個人的にはピケットの歌声に惹かれているので好きなアルバムだ。やはり、ロジャー・ホーキンス&デヴィッド・フッドのリズム隊に、バリー・ベケットやデニス・コフィーのバックのメンバーとの相性は最高である。
“(Your Love Has Brought Me) A Mighty Long Way”ではピケットのハーモニカが聴けたりする。
恒例のロックのフィールドからのカヴァーは、スリー・ドッグ・ナイトがヒットさせた“Mama Told Me Not To Come”だ。
日本人に聴き馴染みがあるのは“Don't Knock My Love”だろうか?
聴いておきたいアルバムのひとつ。

《songlist》
01. Fire And Water
02. (Your Love Has Brought Me) A Mighty Long Way
03. Covering The Same Old Ground
04. Don't Knock My Love (Part 1)
05. Don't Knock My Love (Part 2)
06. Call My Name, I'll Be There
07. Hot Love
08. Not Enough Love To Satisfy
09. You Can't Judge A Book By Its Cover
10. Pledging My Love
11. Mama Told Me Not To Come
12. Woman Let Me Be Down Home

Default