東武1800系 最終増備車

0

パノラミックウインドゥ・角形ライト!東武1819F編成

●東武1800系は伊勢崎線系統の急行用車両として1969(昭和44)年に登場しました。当初は4両編成でしたが、1979(昭和54)年に中間車が増備されて6両編成となりました。室内は回転クロスシートが設置されました。1,520mm幅の側窓は固定式で、強化熱線吸収ガラスが採用されています。車体はローズレッドをベースにオパールホワイト(のちにジャスミンホワイトに変更)の帯が入れられました。1987(昭和62)年には最終増備車の1819編成が登場しました。従来の1800系と比較して、角型前照灯への変更やパノラミックウインドウの採用などで前面形状が一新されたほか、冷房装置が集約分散式に変更され、SUミンデン式の台車(TRS-871)が採用されるなどの変更点が見られます。また、登場当初より車体帯色がジャスミンホワイトとされた事も特徴です。1990年代に入り、後継となる200系の投入が開始された後に余剰となった1800系は300/350系へ改造されたグループ、通勤型へ改造されたグループ、廃車されたグループがありますが、1819系は主に団体・波動輸送用として現在も登場当初に近い姿のままで活躍を続けています。

★セット内容
A-2093 東武1800系 最終増備車 6両セット

←浅草 クハ1819 ー モハ1829 ー モハ1839(モーター車)ー サハ1849 ー モハ1859 ー クハ1869 太田・赤城→

#nゲージ
#鉄道模型
#マイクロエース

Default