東京急行電鉄7000系(初代)

0

■実車の紹介
東京急行電鉄7000系は、東急車輛製造と米国バッド社との技術提携で昭和37年(1962)に製造された日本初のオールステンレスカーです。その後の鉄道車両技術に大きな影響を与え、我が国におけるステンレスカー発展の礎となりました。また、フィラデルフィアの地下鉄をモデルにした独特の車体デザイン、ブレーキディスクがむき出しとなったパイオニアIII台車など、日本離れした斬新な外観も特徴となっています。
地下鉄日比谷線直通対応の車両として登場し、急行運用にも優先的に充当され、昭和の東横線の主力車両として活躍、東横線以外にも田園都市線(大井町線)、目蒲線、こどもの国線など東急線内の広範囲で運転され、東京急行電鉄7000系としては平成11年(1999)まで活躍を続けました。

■セット内容
10-1305 レジェンドコレクションシリーズ No.9 東京急行電鉄7000系 8両セット

←渋谷・北千住 7059 ー 7160 ー 7159 ー 7162(モーター車)ー 7161 ー 7060 ー 7045 ー 7046 中目黒・日吉・桜木町→

☆YouTube動画

https://youtu.be/grql-CkfEns

#鉄道模型
#Nゲージ
#KATO
#東京急行電鉄

Default