Tug of War / Paul McCartney

0

次作Pipes of Peaceとセットで聴くと、いや、聴いてしまう名作。
こっちがStevie Wonderで次作がMichael Jacksonがゲストというのも興味深い。(多分当時はPaul売れないからゲスト頼みだろ、とか陰口言われたのかな、、、中学生だったから知らんけど)
冒頭の「人生は綱引きだ〜」から始まるPaulワールド。ぐいぐい引き込まれます。だって曲がいいんだもん。そしてHere Todayで涙。B面もBallroom Dancing始めいい曲ばっかり!なんだろう、当時はそこまで夢中になれなかったのに。

ところで東芝EMI盤、音良い。というかUK、US盤を聴いたことがないので比較していませんが、我が中古オーディオシステムで上から下までワイドレンジでビンビン鳴ります。お買い得だ〜

Default