File

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2015~

20

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』
分割4クールで第1期が2015年10月から2016年3月、第2期が同年10月から2017年4月に放送。

個人的に好きなガンダムの一つです。見ていてメカ戦が無くてダルく思える回や、ラスボスと思わしきキャラが実は空っぽの
デイ・ドリーマーだったりと少々肩透かしを喰らう事も多かったのですが、毎週楽しみにしていたガンダムでもあります。

OPで鳥肌が立ったのはW以来、若い子にも「マンウィズ」知ってるんだぁ(一曲だけ)なんて思われてました(笑)

主人公たちが「ダグラム」みたいな裸族、ビーム兵器が登場しない設定を踏まえたうえで「斬るのでなくぶっ飛ばす」「装甲が剥がれてフレームがむき出しになる」といった、これまでのガンダムとは違う新しい見せ方が志向されているのが新鮮でした。また『結果』ではなく『過程』の話を描きたかったいう長井監督のインタビューにも感銘を受けましたね。
久々にキャラクターに感情移入ができた気もします。

メカデザインは個人的には線が多過ぎて、カッコ良くなるのは当たり前って感じなのですが、ガリガリ君のキマリス・シリーズとカエル状態のグシオンが気に入ってます。