RX-78NT-1 アレックス ① MG Ver.2.0

0

「戦わなければもっと多くの人が死んでいたはずです。仕方がなかったんです」

RX-78NT-1 アレックス:NT能力の開花により、乗機のRX-78-2 ガンダムの機体性能を上回る反応速度を得ていたアムロのために新開発されたガンダム。コードネームのアレックス (ALEX) は、ガンダムシリーズの型式番号であるRXをもじったものであり、装甲積層試験 (Armor Layered EXamination) の略称でもある。

メカニックデザインは出渕裕が担当。普通のガンダムでありつつも、「νガンダム」をすでに描いていたことから直線を多用したデザインにしたとの事。なので、νガンダムの起源っぽく見える。

こちらはMG Ver.2.0のプラモデル。劇中のイメージを更に踏襲したプロポーションとディテールに加え、内部フレームやアーマーの内壁までも再現されています。

先ずは劇中のイメージで。劇中では設定のビームライフルやシールドを使用するシーンはないんですよねぇ。
キットにはバズーカ砲までついてくるので、それは次回に紹介したいと思います。

MG Ver.1.0
https://muuseo.com/kazutaz100/items/189?theme_id=10251

#NT-1
#機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争
#ポケ戦
#MG
#ガンプラ
#アレックス

RX-78NT-1 アレックス MG
「バーニィ!もう戦わなくていいんだ!!」 MGでも結構初期の物となるNT-1 アレックス。当時は設定画のバランスと異なると、あまり良い評価ではなかったような。 プロポーション自体は個人的に好きなのですが、関節周りがヘタれやすいのが難点。特に、肩周りには当時のバンダイの厄介者だった「ラバーパーツ」が使用されているため、いろいろ干渉を受けます。パトレイバーのプラモでは溶けてプラを侵食したやつです(後に改良されましたが、相変わらずベタベタはする) 腕の差し込みのポリパーツが割れやすいのか、2体目となるアレックス君も撮影中にビシっといってしまいました。 が、ついにMG Ver.2.0の発売も決定!! 今後GPシリーズや陸戦ガンダムなどのリメイクも期待していいのかな? #NT-1 #アレックス #ガンプラ #嘘だと言ってよ、バーニィ
https://muuseo.com/kazutaz100/items/189

Default
  • File

    masa.drake

    2022/7/19 - 編集済み

    白と青の配色イイですね!
    個人的にガンダムで一番好きなカラーリングです。

    返信する
    • File

      Shining KazutaZ

      2022/7/19

      青もスカイブルーな感じが綺麗ですよね。ソール部分が赤くないのもポイント高いかも。
      masaさん、ご無沙汰です〜

      返信する
    • File

      masa.drake

      2022/7/19

      KAZさん、ご無沙汰しております。KAZさんのミュージアムを拝見していると久々にガンプラが作りたくなって
      きますね~。

      返信する
    • File

      Shining KazutaZ

      2022/7/20

      久々にmasaさんの光るガンプラが見たいです。
      よろしくです!

      返信する